《ライター紹介》【自己紹介】まっつんのありのまま

《ライター紹介》【自己紹介】まっつんのありのまま

情報掲載日:

「アワログ」が

「日刊あわわ」へとリニューアル(*゚▽゚ノノ゙☆

かといっていちライターの僕は、なんもアップデートされていないわけで新しい入力画面に悪戦苦闘しています。

「文字とかどうやって大きくすんの…」

まあ、そんなこんなで今回は自己紹介をするわけなんですが…

ライターの皆さんの自己紹介記事のクオリティが高い件(´゚ェ゚`)チーン。。。

文章力や個性で勝負できそうにないんで、僕のありのままをつづります。

1991年1月29日生まれ(小松島出身)

父は当時カメラマン、母は元デザイナー

しかも、1月29日は、

『タウン情報全国ネットワークの日』ということで

自分でもなかなかのサラブレットのように思うのですが、悲しいかな入社10年でその要素はあらわれていません。

ちなみに同じ誕生日の有名人は

メッセンジャーの黒田さん

テレサ・テンさん

よゐこの濱口さん

きゃりーぱみゅぱみゅさん

など

もうすぐ30歳になるが昔から朝が苦手

4歳から小松島市内のS幼稚園に入園するわけですが、

どんだけ早くに寝ても、朝起きられなかった。

まあ、厳密に言うと「ポンキッキ―」を見て二度寝していただけなのですが、11時くらいに幼稚園に行くのが通例になっていたのでほぼ毎日3時間は遅刻していました。

よく怒られなかったものです(田舎でよかった)。

今でも二度寝ぐせは抜けておらず…

朝7時に目覚ましをセットして9時まで二度寝するのが至福のひとときです。

当時の傷が今も体に…

小学校の高学年くらいになるまで、とにかく落ち着きがなく

服を汚す・物を壊す・生傷を作る

この三拍子で両親を困らせていました、たぶん。

田舎の小学校に通ってたもんで、

男の子には謎の度胸試しがあって

●高い生け垣によじ登って、最後まで飛び降りれなかった子が負け

●腐りかけの木の板を用水路にわたして、自転車で全力で駆け抜ける

●近所の野犬とタイマン

ほんとわけわからんこと毎日してました。

勲章といっていいのかは別ですが

自転車で用水路に突っ込んだ時の傷がまだ左肘に残っています(笑)

成人式トリマクリを機にいきおいで入社

昔のことをつらつら文章にしてもキリがないので、すっとばして大人になってからのこと。

学業で失敗して、二十歳までフリーター生活。

ようやく就職した先も、瞬く間に倒産が決まり、道に、とういうか人生に迷っていたタイミングで、あわわの成人式トリマクリ班に遭遇☆

「雑誌の仕事ってカッコよさそう」

「あわわに入りたい」とボードに書いたところ

幸運なことに、当時のT編集長の名刺をGET

そこからは、とんとん拍子で話が進み

見事あわわスタッフの仲間入りを果たしました。

のんのさんやキムソンさんにはこの頃からお世話になってます。

社会の右の左もわからない状態で入社したので

・パソコンができない

・電話が苦手

・原稿がかけない

・カメラのピントが合わせられない

など

とにかく問題だらけルーキー。

たぶん今の自分が上司ならキレてます(笑)

それでも諦めるのが嫌なタイプなんで、

ぶち転んでは起き上がるを繰り返し

時に、意識をぶっとばしたりしつつも

5年目くらいで、ようやくほかの社員の2年目くらいのレベルになりました。

ちょっと落ち着いた20代後半

ようやく仕事も人並みにこなせるようになった5年目以降。

私生活でも余裕がもてるようになり、

旅行に行ったり、お酒を飲みに行ったり

大人っぽいことをやりはじめます。

プライベートでは、会社の先輩の紹介で今の妻に出会い

今は1LDKのアパートで、夫婦二人で暮らしています。

あと数カ月で30歳になるのですが、

この業界で少しでも長生きできるように、

日々努力していきたいです。

【終わり】

って、普通過ぎる。

このままでは終われないので、自己紹介っていうか晒します。

茅原実里さんに投資した7年間。

声優や歌手として活躍されている茅原実里さんの大ファンでした。

有名どころで言うと「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門の中の人ですね。

ライブにいったり、グッズを集めたりなど

これまで累計50~60万ほど投資。

何がいいかというと、もうすべてになるわけですが

あえてあげるとすると天使爛漫で、感情表現が豊かで、天然なところ。

今でもB型の女性が気になるのは、彼女のことをおいかけているのかも。

彼女との一番の思い出は、ファンクラブイベントで手渡しでチョコをもらったこと。緊張しすぎてほぼ顔をみずに受け取るというポカをしましたが(笑)

一部ファンとの対立など、いざこざが重なって現在はほとんど応援できていませんが、また現場に戻りたい気持ちも0ではありません。

AK-69さんに憧れて、マイクを握る。

まわりにやんちゃな人が多かったので、不良文化にも興味がありました。

かといって、自分がワルになれるかというと、そんな勇気もないのでもっぱらHIPHOPを聴きこみました。

特にお気に入りは、母親の地元愛知のAK-69さん。

そしてあるときから、自分でもリリックを書きはじめるわけなのですが、そんなことしてたらYOUTUBEデビューしちゃった

また、ラップバトルの方に興味が湧いてきて、これまで何度か大会に出場。

今のところ結果はすべて1回戦負けですが、いつの日か徳島をREPできる男になりたいと密かに思っています。

サッカー経験0で、サッカー通。

運動神経はまったくなく、体育の授業で余裕でオウンゴールをかますような男ですが、三度の飯よりサッカーが好き。

応援しているチームは

日本では「徳島ヴォルティス」

海外ではイングランドの「リバプール」

DAZNで動画をあさったり、文献を読んだりして、日夜知識を貯めこんでいます。自分でも「なんのため」と思うときも正直ありますが(笑)

特にサッカーのフォーメーションを考えているときが一番好きで、

推しのフォーメーションは4-3-3です!

ちなみに「あわわゲーム部」で、ウイニングイレブンの実況もやってました。

まあ、今日はこんなところでいいでしょう。

ほかにも、エピソードだけはストックあるんで、好評であればおいおいあかしていきます。

てなわけで、これからもヨロシクです!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。