大塚国際美術館で、迫力あるアートを堪能しよう!

大塚国際美術館で、迫力あるアートを堪能しよう!

情報掲載日:

紅葉の時期を迎え、冬がもうすぐやってくるな~と思いつつ、

まだまだ秋を楽しまねば!!!

と秋が好きなまっきーです。こんにちは~。

欲張りな私は、食欲の秋、アウトドアの秋、さらに芸術の秋も満喫したいのです。そこで…

鳴門市にある、『大塚国際美術館』に行ってきました~!!!

原寸大の作品が1,000点余り展示!

紅白歌合戦で米津玄師さんが歌った場所として、より注目を集めている『大塚国際美術館』。

館内には、世界的に有名な絵画が陶板で原寸大に再現されているのです! しかも、その数1,000点余り!

地下3階から地上2階まで、色彩や大きさ、筆遣いまで再現された作品がズラリと並んでいます。実際の名画を見るような迫力を味わえます!

そんな『大塚国際美術館』、実は私、過去に3回ほど行ったことがあるのです。思い返すと、最後に行ったのは8年前…。(時の流れの早さよ…。)そう、大学入学してすぐの学部のレクリエーション的なもので。

過去に行ったときとは、また違う視点で見えて本当に面白かったです! それでは、さっそくレポートへいきましょう!!

いざ、入館!

古代、中世、ルネサンス、バロック、近代、現代と西洋美術の変遷が美術史的にわかるように系統ごとに展示されています。地下3階から地上2階へと階が上がるにつれ、新しい時代に描かれた作品が展示されています。

地下3階の古代ゾーンはキャンバスに描かれたものよりも、建物の壁や壺に描かれたものが多く展示されています。絵画は「日常生活」から始まり、芸術として発展したのかもしれませんね。

赤色がインパクトのある[秘儀の間]。ギリシャ神話の神・ディオニュソスが描かれています。
[鳥占い師の墓]平面的な壁画が印象的。小規模な墓室が空間ごと立体再現されています。

中世ゾーンになると、キリスト教の絵画がたくさん! 4世紀にキリスト教が公認されたことが所以だと考えられるそう。芸術作品から、時代背景が見えるのって面白いです!(8年前の私はここまで理解できていませんでした、成長。)

[聖マルタン聖堂]こちらも同じ大きさに再現していて、臨場感があります。
[スクロヴェーニ礼拝堂]ここでは、実際に結婚式を行うことができるのです!

エスカレーターで地下2階へのぼると、めっちゃかわいいフォトスポットがお出迎え! これは「撮るしかない~!!」とご機嫌でパチリ。

この階では、ルネサンスとバロック時代の作品が見られます。

「ルネサンス???」
「バロック???」

わからない方も多いと思うので、かなりざっくり言うと…

ルネサンス・・・
「再生」という意味を持つフランス語で、14世紀中頃イタリアに発生し、16世紀までヨーロッパ全土に広まった文化的な運動を指します。これまで平面的に描かれていたものが、立体的に空間や人を表現したり、宗教がに加え、科学や哲学、文学をテーマとする作品も描かれるようになりました。

バロック・・・
カトリックとプロテスタントの宗教対立が芸術に大きな影響を与えたと考えられています。光や影のコントラストなど、インパクトのある美術品が多くあります。

こんな感じです。ここから誰もが知るような有名な作品がたくさん出てきますよ!

まずは、ルネサンス。

[ヴィーナスの誕生]中世の絵画と比べると、人体表現にも違いが見られますね。
修復前の[最後の晩餐]。遠近法が取り入れられています。
修復後の[最後の晩餐]。修復前後で比較できるのが素晴らしいです!
レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作の一つである[モナ・リザ]。

ちなみに…『大塚国際美術館』の人気作品ランキングによると、

[モナ・リザ]は2位! たくさんの人に囲まれて、モナ・リザもびっくりでしょうね(誰目線)。原画はフランスのルーヴル美術館にありますが、ルーヴル美術館ではこんな近くで見れませんよ!

つづきまして、バロック。

スペイン王室に贈るられる予定でしたが、出来栄えの良さにフランスに残されたと伝わる[ルイ14世の肖像]
ランキング3位の[真珠の耳飾りの少女]。フェルメールの代表作の一つです。

実際に作品を鑑賞すると、光と影のコントラストが印象的な作品が多いですね。事前に知っているのと知らないのとで、全然違って見えると思います。

そして、屋外展示でモネの[大睡蓮]が展示されています。こちらは近代の作品になりますが、ぐるっと360°の絵に囲まれるって不思議な感覚!

しかも、この展示室の近くにはカフェレストラン『カフェ・ド・ジヴェルニー』があって、作品に隣接するテラス席で食事を堪能できます。

レストランではGo to トラベルの地域共通クーポンが使えます!

天気もよかったので、テラス席でいただきました~!

色とりどりで思わず撮影したくなる[ヴィーナスカレー]
作品のすぐそばで食事できるなんて、最高です❤

お腹が満たされたところで、作品鑑賞へ!

地下1階は、近代の作品を中心に展示されています。18世紀半ばから、新古典主義やロマン主義、印象主義など、いろいろな主義が生まれます。美術品がどんどん新しい表現によって幅を広げていきます。

ランキング1位のゴッホの[ヒマワリ]が展示されています!
ロマン主義の[民衆を導く自由の女神]。個人の感情や感性がダイナミックな構図と色彩で大胆に表現されています。
[笛を吹く少年]をはじめ、「近代美術の父」といわれるマネの作品が並んでいます。
象徴主義・クリムトの[接吻]。金色が美しく、クリムトの代表作です。
表現主義・ムンクの[叫び]。叫びのポーズでぜひ記念写真を!

地上1・2階には現代アートや、時代を超えて古今の芸術家に描かれた作品をテーマごと展示。

かの有名なパブロ・ピカソやシャガール、私の大好きなアンディ・ウォーホルなどの作品を鑑賞できます!

地上1階には広々とした庭園があって、景色を眺めながらゆっくり座って一休みするのもいいですね。

今度の休みは大塚国際美術館へ行こう!

1,000点以上の作品に加えて、3つのカフェ・レストランがある『大塚国際美術館』。3時間半、あっという間でした! 音声ガイドもあり、「丸1日を美術館で過ごせる」という方もいるのも納得。鑑賞後に、ミュージアムショップでお気に入りのグッズを買うのも楽しめます!

チケットは美術館入り口でも買えますが、インターネットでの事前購入がおすすめです。(現地で購入するよりちょっとお得です!)

詳しくはこちらから!

近くの専用駐車場から随時シャトルバスも出ていて、さらに美術館前にバス停があるので、徳島駅や鳴門駅から路線バスでのアクセスも◎

一人ももちろん、友だちと、家族と、恋人と、今度の休みは『大塚国際美術館』でアートを思う存分味わってください~!!

Information

大塚国際美術館

住所
鳴門市鳴門町 鳴門公園内
電話番号
088-687-3737
営業時間
9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)、1月は連続休館あり、その他特別休館あり

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。