【10月OPEN】Dining Bar MONQ(モンク/徳島市南沖洲)いろいろな人が集えるバーが沖洲に!

【10月OPEN】Dining Bar MONQ(モンク/徳島市南沖洲)いろいろな人が集えるバーが沖洲に!

情報掲載日:

徳島県内の“今”を感じるニュー&リニューアルオープンの新店や出来事&人系の街ネタトピックスを紹介する『みっけ』取材したてホヤホヤの最新情報をお届けします。毎月25日発行のあわわfreeとあわせてチェック!

沖洲にダイニングバーが登場。
お店に入ると中央にコの字型のカウンター。
めっちゃおしゃれな雰囲気。元々倉庫だった場所をDIYで改装したそう。

居心地のいい雰囲気のなか大人がにぎやかにお酒を楽しむ。

というのはこのお店の持つひとつの顔。

お酒は1杯450円~、4回目の来店で1,000円引きになるなどお得なサービスがあるのもひとつの顔。

店主こだわりのおいしい料理を楽しめるバーでもある。

[ディナープレート](1,000円)。
からあげはタレにじっくり漬け込んで衣さくさくでやわらかジューシー、ご飯は岐阜県のブランド米[龍の瞳]、サラダもたっぷりで味噌汁や小鉢まで。

バーですよ?ここ。すごくない?

いい意味で裏切られた!
何のお店の取材に来たのか見失いそうになりました。

オーナーの玉木さんは愛知県出身で、今も愛知でお弁当屋さんを経営していて、そのお店の人気メニューであるからあげのレシピをそのままこちらでも提供している。

大ぶりでサクサクジューシー!

[ノーコーカルボナーラ](900円)。

チャージ500円はメイン料理をオーダーすると無料。
ご飯だけを食べにくるのもOK。

「みんなでお店を作っていきたい」と希望のお酒を次の来店までに用意してくれたり、メニューにない料理を作ってもらえたり、お客さんファーストな部分もこのお店のひとつの顔。

デートにはもちろん使えるけど、すっぴんでも行けるような気さくなお店を目指しているそう。スタッフの制服もカチッとしすぎないようにしているんだって。

干し柿。

玉木さんの沖洲愛の深さもまた、ひとつの顔。

ねぎユッケ(450円)は沖洲地区の名産・ねぎをふんだんに使用。

沖洲のねぎ農家さんとコラボしたカレーランチを考案し、ランチ営業もスタートする。

玉木さんの頭の中にはまだまだやりたいことがたくさん!

バーでありながらバーにとらわれず、さまざまな形で訪れる人を楽しませてくれる今後の展開が楽しみなお店だ。

Information

Dining Bar MONQ(モンク)

住所
徳島市南沖洲4-5-7-3
電話番号
088-624-9992
営業時間
18:00~24:00
定休日
無休
座席数
16席
駐車場
5台
ホームページ
https://www.instagram.com/bar_monq/
備考
●キャッシュレス対応

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。