《スポーツ》徳島インディゴソックス新加入選手インタビュー

《スポーツ》徳島インディゴソックス新加入選手インタビュー

情報掲載日:

昨年見事リーグ連覇を達成した、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusに所属する『徳島インディゴソックス』。

リーグ3連覇に向けた、新体制の発表会がつい先日行われました。

新たに20人以上の選手が加入するなど、連覇を達成したチームとはガラリと雰囲気が変わる今年のチーム。

チームを指揮する吉田監督は、「まだ練習をあまり見れていないので、横一線の状態。しかし、昨年の同じ時期よりは、パワーも、走力もある選手が揃っていると思います。これからのキャンプでじっくり練習を見て、どういうチームづくりをするか考えたいと思います」とコメントしていました。

ギリギリ画角におさまりました。

そして新加入選手が登場!

注目は昨年秋のドラフト候補にもあがっていた松山聖陵高校の平安山 陽(へんざん・よう)投手。最速146キロの速球と切れ味鋭いスライダーを武器にする本格派で、徳島インディゴソックスではNPB入りのジンクスがある背番号14を与えられるなど、期待の大きさがうかがえます。

また、3名が新加入した捕手では関西独立リーグの兵庫ブルーサンダースで注目を集めていた小山一樹が加入。スローイングの正確さ、ミート力の高さで正捕手争いをリードしそうな予感。

沖縄大学から加入した高島輝一朗は、病と闘いながら野球を続けた苦労人です。幼い頃に急性リンパ性白血病を発症し、一度克服するも中学生の時に再発。それでも抗がん剤治療を続けながら野球選手になるという夢を追い求め、二度目の克服後大学ではベストナインを獲得しました。「独立リーグでは野球とボランティア活動の両方を頑張りたい」と、チームを盛り上げるためマルチな活躍を考えていました。

そして注目の徳島県人選手ですが、今年は3名が新たに加わりました。

中山 晶量(なかやま・てるかず)

鳴門高校時代は、河野竜生(現・北海道日本ハムファイターズ)投手とともにチームの2枚看板として活躍。高校卒業後は明治大学に進学し、2年生の秋に公式戦デビュー。昨年春には自己最速の150キロもマークしました。縦のスライダー、スプリット、チェンジアップと球速の違う落ちる球も得意としていて、空振りがとれるタイプの投手です。

Q.自身のセールスポイントは?

武器はストレート。気持ちの強いピッチングをすることを得意にしています!

Q.憧れの野球選手は誰ですか?

メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有投手です。多彩な変化球と力強いストレートで打者を抑えていくところと、そのほか価値観や考え方についても共感できる部分が多くダルビッシュ有投手のような選手になりたいと思っています。

Q.高校時代は打力も武器にしていましたが、投打二刀流への想いを聞かせてください。

自分はNPB入りを目標に掲げています。そのためには投手一本で練習に打ち込む必要があるかと思うので、投打二刀流は考えていません! 投手としてチームに貢献したいですね。

武岡 大聖(たけおか・たいせい)

「野球、徳島、武岡」でピンとくる方もいらっしゃるかもしれませんが、内野手として入団した武岡大聖は、昨年プロ初安打を記録するなど現在ヤクルトスワローズで活躍している武岡龍世選手のお兄さん。55番という背番号とその体格の良さからも想像できるように、スラッガータイプの選手で大学時代には東京ドーム上段まで届くホームランも放っています。

Q.自身のセールスポイントは?

勝負強いバッティングです。投手にプレッシャーを与えられるような選手になって、ホームラン王をとれるように頑張りたいと思っています。

Q.チームではどんな役割を担っていきたい?

自分はバッティングを武器にしているので、打力でチームに貢献しなければいけないと考えています。チームではクリーンナップ、なかでも4番を狙っていますし、任されたいとも思っています。同世代で活躍しているヤクルトスワローズの村上選手のように、豪快な一打をスタンドに放ちたいです。

Q.弟の龍世選手からはどんなコメントを?

コロナ禍という状況なので直接会ってはいませんが、「地元なら家族のサポートも受けられるし、思いっきり頑張れ!」とエールをもらいました。弟だけなく、両親、地域の皆さんあっての自分だと思うのです、そんな皆さんに自分の活躍を見せて恩返しをしたいです。

内海 拓哉(うつみ・たくや)

まだ、あどけなさも残る18歳の素材型の投手。昨年夏の県大会では、エースとして徳島商業を決勝の舞台へ導きました。今年の抱負に「体を大きく」と書いているように、これからの成長に期待がかかる選手で、フォークボールを決め球としています。

Q.憧れの野球選手は誰ですか?

読売ジャイアンツの高橋選手です。体がやわらかく、力強い真っすぐとキレのある変化球を投げている投手で、目標にしています。

Q.徳島で思い入れのある場所は?

最後の夏の大会でサヨナラ打を浴びた、鳴門のオロナミンC球場です。苦い思い出の場所でもあるのですが、悔しい思いを払拭できるくらいのあのマウンドで活躍して、良い思い出の場所にしたいと思っています。

Q.新入団選手の多くは県外出身。徳島のどんなところをPRしたい?

自然がキレイなところが徳島の自慢できることかなと思っているのですが、一番は海ですね。オフに時間があればキレイな海を案内したいと思っています(笑)

チームの今後の予定

3月1日(月)~3月7日(日)の1週間、海陽町の蛇王運動公園 及び まぜのおかオートキャンプ場一帯で春季キャンプを実施予定。

チームスローガンである

Dramatic Emotion〜感動を与えよ

という言葉を胸に、一人ひとりの選手が長い戦いへ向け、最終調整を行います。

3連覇達成なるか

そして今年もNPB入りする選手が現れるのか!

目が離せません!

【きっかけづくりプロジェクト/スポーツイベント】チーム対抗月見ヶ丘5種チャレンジ参加者募集 《スポーツ》徳島ヴォルティスJ1昇格までの道のりを追った本が1月15日発売!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。