壱 THE HOSTELに聞く!経営を支える徳島県信用保証協会のヒミツ

壱 THE HOSTELに聞く!経営を支える徳島県信用保証協会のヒミツ

情報掲載日:

徳島で起業を考える人の強い味方。
徳島県信用保証協会

徳島県信用保証協会では、創業に必要な事業計画書の作成や財務会計等の経営知識などのサポートを受けることが可能です。

実際に『徳島県信用保証協会』の支援を受けて創業した人の体験談はこちらをCHECK!

徳島ぐらし最高!「STUDIO N2」起業のヒミツと「徳島県信用保証協会」 注目を集めるエコハウス『Earthship MIMA』起業のヒミツと「徳島県信用保証協会」

創業後もおもわぬ壁にぶつかることは考えられる。
そんなときも、『徳島県信用保証協会』に相談を。
今回は、『徳島県信用保証協会』でサポートを受け事業を運営している2社をご紹介します。

壱 THE HOSTEL インタビュー

和田 大海/壱 THE HOSTEL代表
和歌山県出身。高校卒業後、進学のために大阪へ。20歳のとき、沢木耕太郎著『深夜特急』に魅了され、アジア諸国をバックパッカーとして放浪。その後、バンドマン、サラリーマンを経て、夢であったゲストハウスオープンのためカナダへ。海外のホスピタリティを学んだ後帰国し、友人の誘いを受けて美波町・日和佐でゲストハウスを管理することに。
コロナのピンチをチャンスに変える!? 大逆転の一手とは

―『壱 THE HOSTEL』について教えてください。

 和田 旅人にとって「使いやすい」「過ごしやすい」をテーマに、築60年の古民家を自分たちでフルリノベーションしたホステルです。オープン以来、世界中の旅人をはじめ、多種多様な方々にご利用いただいています。お遍路、サイクリング、サーフィンなどのアウトドアアクティビティを楽しんだり、ただただのんびりしたり。それぞれ自由に、日和佐での時間を満喫していただいています。

―こちらのホステルはどのように起業されたんですか?

 和田 ゲストハウス経営を夢見てカナダで学び帰国したんですが、すぐに開業できるほどの資金はなく、開業に向けて計画を立てていかなければと考えていました。

 そんなとき、バンドマン時代の友人と再会し、しかもゲストハウスの管理・運営をしてくれる人を探しているというからびっくり! これもめぐり合わせと思い快く承諾し、まだ町の名前すら知らなかった日和佐へ来ることになりました。

 現在は、友人たちの団体から独立して、代表として運営しています。

―ということは、創業時に信用保証協会との接点は無かったんですね。

 和田 信用保証協会さんとのお付き合いは、コロナが発生してから。4月から6月まで休業を余儀なくされ、当面のキャッシュが底を突きかけていました。そこで新型コロナウイルス感染症対策である中小企業向けの支援制度を活用する際、信用保証協会さんの力をお借りしました。

 支援を受けて、なんとかピンチは脱しましたが、3か月の間は営業できません。そこで、以前からやりたかった“離れ”のパブ改装に着手しました。ただ、先ほどと同じく手持ちの資金が厳しいのは変わらず…。そこで、再度コロナ関連の支援を受けようと思いました。

 ただ、本来その支援はコロナによって影響を受けた事業者を救済するもので、改装などの融資とはちょっと条件が違うんですよね。僕のほうで拡大解釈してしまった部分もあるんですが、パブができることで少しでもこの場所が良くなり、価値が上がり魅力が増すんじゃないか。そうすることで、うちだけでなく日和佐全体が盛り上がって、コロナを乗り切れるんじゃないか、そんな風に思ったんです。

―条件を考えると、なかなか難しい状態だったと…

 和田 最初は信用保証協会さんも「ちょっと難しいんじゃないか」とおっしゃってたんですが、最後には僕の思いに賛同していただきまして。どうすれば条件に当てはまるか色々アドバイスをいただきながら、熱心に動いていただきました。見通しが暗い中でも「この融資が無理でも他の融資ならどうか」といった提案もいただいたり、本当に心強かったですね。

 和田 幸い、信用保証協会さんのご尽力のおかげで融資の審査は通ることができました。同時進行で改装も進め、融資で器材などを買い揃えて、2021年1月にオープンしました。

―融資以外で、特に助かった点を教えてください。

 和田 こういう場所なので、ひとりで営業や改装をしながら徳島市内に何度も通うのは難しいんですが、信用保証協会さんが動いてくださって。実際に徳島市内に行ったのは1回くらいじゃないかな。あとは電話などのやりとりですみました。資金の心配をせず改装に注力できたことは、とても感謝しています。

―今後の目標を教えてください。

 和田 パブ単体、ホステル単体ではなく、両方含めてのイベントを開催したいと思っています。僕自身、音楽やアートが大好きなので、そういった要素を絡めて日和佐全体を盛り上げていきたい。

 またワークショップやギャラリーなども企画して、旅行者はもちろん、ローカル(地元民)も楽しめるような展開を作っていきたいですね。この場所から新しいカルチャーを生み出せればと思っています。

 その時は、また信用保証協会さんに無理なお願いをするかもしれませんが(笑)、これからも地域のためにがんばっていければと思います。

壱 THE HOSTEL
徳島県海部郡美波町奥河内字寺前114-8
tel.0884-70-1654

ホームページ Facebook
Instagram

創業支援の流れ

『徳島県信用保証協会』では、次代の地域経済活性化の担い手を一人でも多く発掘することをめざして創業支援に力を入れています。県内在住者はもちろん、徳島県に移住して起業を考える人もサポートを受けることができます。
金融支援をはじめ、創業相談や創業セミナーの開催など様々な取り組みを行っています。

徳島県信用保証協会の相談窓口を利用してから、創業後のフォローまでのステップを簡単にご紹介します。

Step01.創業前相談

創業前にかかえる不安は多種多様。徳島県信用保証協会は不安や疑問を、豊富な経験と知識でサポートしてくれる。相談は無料なので些細なことでも遠慮せず相談してみて。

平日窓口9:00~17:00
休日窓口第3日曜日 9:00~12:00 

※原則、担当制となっています。行き違いになることなく、充分な相談時間を確保するため、必ず電話にて予約のうえで相談を。電話は平日 17:00 まで。

Step02.保証付き融資による金融支援

資金面をサポートする保証制度を多数用意。丁寧なヒアリングから、創業計画をブラッシュアップするので、融資条件や利用制度の組み立てなども同時に行うことができる。事業計画書完成時点で保証付き融資での資金調達も可能なので、“夢の実現”がよりスピードアップ!!

Step03.安心のフォローアップ

創業してからしばらくは、様々な不安や悩みを抱えるはず。最初の保証から3年間は『徳島県信用保証協会』の創業支援担当者が担当・対応し、新たな保証の申込や条件変更などの相談に応じてくれる。中小企業診断士や税理士、デザイナーなどの各部門の専門家とも提携しているので安心。

徳島県信用保証協会ホームページ←詳しくはこちら

Information

徳島県信用保証協会/創業推進課

住所
徳島県徳島市南末広町5-8-8 徳島経済産業会館(KIZUNAプラザ)
電話番号
088-622-0254(直通)
お問い合わせ
sien@cgc-tokushima.or.jp
ホームページ
https://cgc-tokushima.or.jp/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。