【とくしま病院・健康ガイド2021-2022】とくしま医療トピックス/APS療法

【とくしま病院・健康ガイド2021-2022】とくしま医療トピックス/APS療法

情報掲載日:
膝の痛みに対して、病院で保存的治療を受けても痛みが改善されず、手術を勧められている人で、手術が恐い、手術の危険性が高い、あるいは仕事や家庭の都合で手術が受けられない人などがたくさんいます。そこで今回は、こうした人たちへの治療法として注目され、自分の血液を利用して膝の痛みを和らげる、先進の再生医療[APS療法]について紹介します。

教えてくれるのは…

医療法人 松岡会/やましろクリニック

こんな膝の悩みありませんか?
・膝の痛みを常に我慢している
・階段の昇り降りがつらい
・貼付薬を貼っても痛みは消えない
・仕事もありできるだけ手術はしたくない
・気軽に相談できる相手がいない

―再生療法とは?

 やましろクリニック 人の身体には、傷んだ組織を修復しようとする機能があります。その機能を、うまく利用して治療に応用するのが再生医療です。再生医療の代表的な例は山中教授によるIPS治療ですが、培養などの高度な医療技術が必要であり、まだ一般的には普及していません。

 しかし、近年の研究により、血液の中に組織の修復に作用する成分があることがわかり、その成分を遠心分離機にかけて濃縮抽出することが可能となりました。この成分PRP(多血小板血けっしょう漿)を患者自身の患部に注射することで、組織の修復を促進する再生療法が[PRP療法]なのです。

 [PRP療法]は、まず老化した皮膚、頭皮、歯の再生に、続いて整形外科の分野でも、スポーツにより損傷した靭帯や腱の修復再生に利用されるようになりました。日本においても、野球選手が治療を受けたことで一躍有名になりました。

 やがて、膝関節の再生にも応用された結果、[PRP療法]には傷んだ組織の修復再生よりも、むしろ痛みを抑える効果があることがわかりました。

―膝のAPS療法

 やましろクリニック さらに研究が進み、痛みを抑える効果に特化した治療法として誕生したのが[APS療法]です。

 PRPをさらに遠心分離にかけ特殊加工・濃縮抽出したAPS(自己たんぱく質溶液)を患部に注射する[APS療法]は保存療法、手術療法に続く変形性膝関節症の〝第3の治療法〞として、膝関節の痛みを抑えることが期待され普及しています。

―身近なAPS療法

 やましろクリニック [APS療法]は、培養が必要ないため、日本でも2018年8月より身近な医療施設かクリニックで施術できるようになりました。施術する施設は法的手続きをして、厳格な作成手順に従いAPSを作成します。

 APSの作成は、PRPと異なり、2回遠心分離機にかける必要がありますが、作成にかかる時間は1時間たらず。来院当日に膝に注射しても、当日のうちに帰宅することができます。

 [APS療法]は患者自身の血液を材料にして作成するため、体調や年齢に左右され効果が期待できるかどうかは個人差があります。しかし、感染症やアレルギー反応が起こりにくく、手術よりも身体への負担が少ないこともあり、今後も注目される再生治療法のひとつなのです。

APS再生治療の手順

やましろクリニック

診療科目内科、外科、整形外科、泌尿器科

■院長/松岡敏彦 
■医師数/常勤2名、非常勤1名 
■検診/一般検診 
■関連施設/やましろケアサポート、やましろデイケアセンター、山城グループホーム、佐古グループホーム、沖浜シルバーハイツ、南昭和シルバーハイツ、山城ヘルパーステーションなど

診療時間
9:00~13:00×
14:30~18:00××
※祝日は休診
※APS療法は完全予約制
※土曜午後はAPS療法の予約診療のみ

※この記事は、『とくしま病院・健康ガイド 2021-2022 LIFE is』から流用しています。掲載している情報は2021年2月1日現在のものです。法改正や社会情勢の変化により、料金などが変更される場合がありますのでご了承ください。

Information

やましろクリニック

住所
徳島市山城西4-47 ●P:15台
電話番号
088-625-1311(再生医療外来)
駐車場
15台
ホームページ
https://shikoku-ms.com/yamashiro_clinic/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。