《インタビュー》共感を呼びまくる”泣ける歌”! 上野優華さんリリース記念インタビュー

《インタビュー》共感を呼びまくる”泣ける歌”! 上野優華さんリリース記念インタビュー

情報掲載日:

徳島県出身の歌手として活躍中の上野優華さんから、「新曲ができました!」と嬉しい連絡をもらいました。

これまで、リリースの度に『あわわ』に顔出してくれた彼女。

《音楽・ライブ情報》徳島出身歌手・上野優華さんにインタビュー ついにバレンタイン! 徳島出身シンガー・上野優華さんがチョコを渡したくなるような相手とは? 徳島県出身シンガー 上野優華さんにインタビュー!

デビュー当時の元気いっぱいのスタイルから、さまざまな経験と成長を経て、卓越した表現力や奥行きのある歌声をものにし、近年リリースした「好きな人」「好きでごめん」は、若い世代の女性のための「いま、泣ける歌」として大きな反響を呼んでいます。

そのな彼女の最新楽曲が3月17日に配信リリースされた

「愛しい人、赤い糸」

春に聴きたい、ラブソングということで、今回はこの楽曲に込められた想いや制作の裏話、徳島への想いなどを語っていただきました。

Q.「愛しい人、赤い糸」は、どんな想いの込められた楽曲ですか?

この楽曲はシンガーソングライターの川崎鷹也さんに書き下ろしていただいたものです。新型コロナウイルスによる自粛期間、LIVEやイベントはほとんど中止になってしまいましたが、SNSで新しい音楽が次々と世に広まっていきました。これまでSNSは仕事でもプライベートでも積極的に利用していたのですが、「もっと敏感にならないと!」と思い、意識してSNSで話題の曲を聴くようになりました。そのなかで出会ったのが、川崎鷹也さんの「魔法の絨毯」。「なんて素敵な曲を作る人なんだろう」と凄く感動し、お声かけさせてもらったところからはじまりました。片想いをテーマにした切ない曲ですが、「悲しい片思い」というわけではなく、切なさのなかに、儚さやキラキラ輝く世界が見えてくるような、そういう温度感を持った一曲だと感じています。

Q.楽曲制作を進めるなかで、川崎さんとはどんな話をしましたか?

こういう曲を書いて欲しいという細かなリクエストはしていません。リリース予定が春だったということで「春のラブソングを書いてほしい」ということだけお伝えしました。それで提案してもらったのがこの楽曲。もともと川崎さんの作る音楽が好きだったので、その世界観をどれだけ自分の歌声で表現できるかというチャレンジになりました。レコーディング後、「予想を遥かに上回る仕上がり」と川崎さんからも太鼓判をいただき、この度みなさまにお届けできることになりホッとしています!

Q.上野さんの楽曲で、男性コーラスが入るの新鮮ですね。挑戦してみてどうでしたか?

男性のコーラスを入れるのは、今までずっとやってみたかったことなんです。それが実現しただけでも嬉しいのに、歌ってくれたのが川崎さん!自分の音楽の世界感が広がったように感じますし、「もっとワクワクするような楽曲を皆さんにお届けできるのではないか」という創作意欲も湧いてきました。

Q.MVについて、上野さんから何かリクエストをしましたか?

もともと「凄くシンプルな映像にしたい」という考えがありました。イラストを使うのか役者さんに出演してもらうのかというところで、監督と打ち合わせを重ね、「今回は女の子のリアルな気持ちを歌いたいし、聴いてくれる人たちにもそういう風に受け取って欲しい」という私の想いをくみ取ってもらい、このようなMVに仕上がっています。役者さんの演技についても、泣けるラブソングだからといって切なさを全面に打ち出したものではなく、この楽曲独特の「温かさ」や「儚さ」が伝わる表情をリクエストしました。MVではその部分にも注目してもらえると嬉しいです。

Q.ラブソングを歌うことが増えましたよね。女性ファンも増えていると聞きますが!

そうですね! SNSでも女の子がコメントをくれることが増えました。そんな経緯もあって、昨年12月に配信リリースした「好きでごめん」は、「今まで歌ってきた楽曲にコメントしてくれた女の子たちに贈りたい」という想いを込めて書いた曲になりました。コメントや反応から良いインスピレーションを受けていて、それに対してのアクションとして楽曲を作る機会はこれからも続いていくと思います。

Q.コロナ禍になり、自身のなかで変化のあったことはありますか?

これまで人前で歌うことがメインの活動だったのが、それが無くなり、楽曲を制作するにあたって原動力を見失いそうになりかけたこともありました。しかし、ゆっくり歌詞を書いたり、ゆっくり曲について考えたり、自分と向き合う時間が十分確保できたことによって、そういった不安はなくなりしました。結果として「愛しい人、赤い糸」という素敵な楽曲も生み出すことができ、また一つ成長できたと感じるきっかけになりました。

Q.約1年半ぶりのLIVEも決まりましたね!今どんなお気持ちですか?

すごく特別というよりも、「あのときと変わらないみんながここにいる」という感じになりそう。私自身も「変わらないよ」という懐かしい気持ちを感じてもらえるようなLIVEができればいいなと考えています。あとは当日になってみないとわからない!

Q.地元・徳島のファンにメッセージはありますか?

新型コロナウイルスの影響で地元に帰れず、私自身寂しい思いでいっぱいです。徳島に帰ることで自分自身の気持ちがすごく落ち着くということもあったので、本当にツライ! 今はさみしい気持ちで一杯ですが、こうやって自分が頑張ることによって強さを身につけ、次徳島に帰ったときに大人になった私が皆さんに素敵な歌を届けられるようにがんばります。なので、またLIVEが行えるようになったら遊びにきてもらえると嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします。

上野優華PROFILE

出身地/徳島県

誕生日/1998年2月5日

血液型/О型

2012年、1万人を超えるボーカルオーディションでグランプリを獲得。翌2013年、映画の主演・主題歌でデビュー。以降、コンスタントにリリース、LIVE活動を展開する一方、TV・ラジオへのレギュラー出演、ドラマ・映画「トモダチゲーム」、「人狼ゲーム」などの人気作でメインキャストを務めるなど、歌手活動を中心に多方面で活動を続ける。また、2017年からは国内外におけるベトナムとの文化交流活動も精力的に行っている。2018年12月にリリースした「好きな人」のMVがYouTubeで400万回再生を突破し、2020年2月にリリースした「あなたの彼女じゃないんだね」のMVは3か月で100万回再生を突破、1,000件を超える共感コメントが殺到するなど”いま、泣ける声”と称されている注目のシンガー。

リリース情報

「魔法の絨毯」が大バズり中のシンガーソングライター川崎鷹也が書き下ろした珠玉のバラード。上野優華の突出した表現力・切なさを含んだ沁みる歌声と融合した心を震わす一曲。

N E W D I G I T A L S I N G L E
「愛しい人、赤い糸」
2021.3.17 Release

LIVE情報

「上野優華 23rd Birthday & Debut 8th Anniversary LIVE ~Smile & Song~」
2021年7月11日 (日) 東京・大手町三井ホール
編成:バンド(Vo,Key,Gt,Ba,Dr) 時間(2回公演):①OPEN 15:15 / START 16:00 ②OPEN 18:45 / START 19:30
来場者特典:オリジナルラバーバンド(公演ごとに色が変わります)

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。