【レポ】ふるさとの魅力再発見! 地元企業や伝統工芸に触れる2日間『TOUCH!とくしま高校生スタディツアー』

【レポ】ふるさとの魅力再発見! 地元企業や伝統工芸に触れる2日間『TOUCH!とくしま高校生スタディツアー』

情報掲載日:



いろいろ大変だった2020年度。
心配事が積もり積もった一年でした。

学生のみなさんにとっても漠然とした悩みや不安が頭を巡ったことでしょう。
進学?就職?自分の未来って・・・?

若者たちよ!こんな時代だからこそ、いまいちど地元・徳島に目を向けてみては?

ということで、

県内の高校生へ向けて、徳島の新たな魅力を知ることができるスタディーツアーを開催いたしました!

その名も『TOUCH!とくしま高校生スタディツアー』

(徳島県地方創生局とくしま回帰推進課主催)


普段行かない場所へ足を運び、体験したり未知の分野の話を聞いたり。今まで見えていなかった徳島の魅力に触れることができる、ふるさと再発見バスツアー!!

イマジネーションを掻き立てるEASTコース(松茂町・鳴門市エリア)※令和3年2月6日(土)開催

地元で働く未来と可能性を探るWESTコース(美馬市・吉野川市エリア)※令和3年2月11日(木・祝)開催

と2コース用意。各コース約20名の高校生が参加してくれました。今回は、ツアーの内容を徹底レポートしちゃいます!




EASTコース(松茂町・鳴門市エリア)

※令和3年2月6日(土)開催



➀ハレルヤスイーツキッチン

徳島駅に集合のちにバスが向かったのは、松茂町『ハレルヤスイーツキッチン』。ハレルヤといえば、銘菓金長まんじゅうやスイーツでおなじみですが、こちらの企業では地域貢献やSDGs(エス・ディー・ジーズ)に力を注いでいるとか。

SDGsって?
2015年9月の国連サミットで採択された国際的な行動指針で、「持続可能な開発のための目標」と訳されます。株式会社ハレルヤでは、次の世代に豊かな徳島の環境を手渡すために7つの目標を主に企業の活動に取り入れています。

製菓工場を見学!

ハレルヤの取り組み、会社のビジョン・社会貢献ついても学びました。

ハレルヤでは、
・お菓子を製造するにあたり地元素材(市場に出回らない規格外農産物など)を使う
・女性が働きやすい環境を整える
・吉野川からの水の採取・排出に気を遣い水資源を守る
・フェアトレード商品の開発、社会福祉活動を行う団体の支援

などの取り組みしているそうです! 地元への愛を感じる企業の努力を学ぶことができました。



ハレルヤ HP










②THE NARUTO BASE

つづいてはランチタイム! 向かったのは鳴門市撫養町『THE NARUTO BASE』。

こちらは「おいしいを鳴門から世界へ」をテーマに、徳島県や四国・瀬戸内の美味しい食材を使い、趣向を凝らしたメニューが食べられるレストランです。


豪華なランチ! 徳島の食材がふんだんに使われています。


さらに農産物の流通についても学んだよ。

THE NARUTO BASE HP










③大西陶器

続いて向かったのは鳴門市大麻町の『大西陶器』。

こちらで、徳島の伝統工芸品「大谷焼」の陶芸体験をしました!


大谷焼づくりに挑戦したよ! 


『大西陶器』で作られる大谷焼は伝統工芸品でありながら、スタイリッシュでオシャレな器ばかり。徳島ならではの“藍”をもちいたものもあるんだって。大谷焼にこんな素敵な器があるなんて、知らなかったね! 一般の方向け陶芸体験も実施中。詳しくはHPをチェック!

大西陶器 HP










④徳島イノベーションベース(TIB

最後に訪れたのは『徳島イノベーションベース(TIB)』。「起業家が起業家を生み育てる」をコンセプトに設立されました。国内で活躍する起業家らを講師とする講演を開催したり、コワーキング・スペースを提供したりしています。


マネージャー・松永好史さんから、起業について、徳島での新しい働き方について教えてもらいました! 「起業」について知り、働き方の選択肢が増えることに繋がる体験となりました。

徳島イノベーションベース HP










□EASTコースに参加してくれた高校生3人に、感想を聞きました!




WESTコース(美馬市・吉野川市エリア)

令和3年2月11日(木・祝)開催




➀西精工土成工場

この日最初にバスが向かったのは特殊ナット等の製造で業界トップを走る『西精工土成工場』。

「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」や「グッドカンパニー対象優秀企業賞」などを受賞した工場です。


実際にUターン・新入社員として働く方に、会社の魅力、徳島の魅力についてお話をうかがいました。


工場見学もさせてもらいました!

地元で輝いている会社を見て知る事は、自分がどんな風に働いてみたいか考えるきっかけになりました!

西精工土成工場 HP










②森邸

美馬市脇町にある『森邸』は「うだつの町並み」にある築150年の建物を改装してできたサテライトオフィス。東京の企業5社が入居し、コワーキングスペースとして一般開放されています。


趣ある古民家で!徳島に居ながら都市部の会社で働く・・・といった、未来の働きかたについて考えました。


森邸 HP










③イタリアンレストランPUNTA

続いてランチタイム! 美馬市脇町の『イタリアンレストランPUNTA』へ。こちらも『森邸』と同様、築約100年の西山邸を改装した古民家レストランです。

店名の『プンタ』はイタリア語で「先端」の意。料理は六本木ヒルズの有名シェフが監修しており、東京の最先端のイタリアンを、徳島にいながら楽しんでほしい」との願いが込められているそうです。


趣きがあって居心地が良い空間!


どんなランチかな!ワクワク!

徳島産の食材を使った最先端イタリアンに舌鼓。地元の食べ物のおいしさを実感しました。


イタリアンレストランPUNTA facebook










④アワガミファクトリー

最後に訪れたのは、吉野川市山川町の『アワガミファクトリー』。

インクジェットで印刷できる和紙やコピーができる和紙など、ライフスタイルに合った和紙を開発している工房です。和紙と藍染がコラボした新しい試みについても学びました。


こちらで実際に和紙作りを体験!

手漉き和紙の製法を学びます。


オリジナル和紙完成!


あたたかみのある阿波和紙は、徳島の宝ともいえる伝統工芸品です。今の時代にマッチした、新しい阿波和紙の魅力を考える機会となりました。










TOUCHI!とくしま高校生スタディツアー、両コースのぜいたくな内容はいかがだったでしょうか。徳島県産食材のおいしさや流通について知ったり、元気で勢いのある地元企業の取り組みを学んだり、伝統工芸の歴史に触れ現代ライフスタイルへの活かし方を考えたり・・・。幅広く、多方向からの視点で「徳島の魅力」に迫ったスペシャルな2日間でした。

そして、徳島でできる『新しい働き方』についても知る事もできました。「徳島って無限の可能性があるんだ!」そんな風に高校生のみなさんに感じてもらえたのではないでしょうか!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。