《ライター紹介》おかだの自己紹介

《ライター紹介》おかだの自己紹介

情報掲載日:

はじめまして。おかだです。

2000年の5月12日、鳴門市に生まれました。

おかだの好きな●●

好きな食べ物は明太子と菜の花とお肉。お肉至上主義者です。

好きな歌手はマカロニえんぴつ、クリープハイプ、(sic)boyです。

あとはHey!Say!JUMPの有岡大貴くんが大好きです。有岡大貴が結婚したらどうしようって月に2回くらい考えて落ち込みます。

好きな映画はチワワちゃん、リバーズ・エッジ。

好きなゲームはどうぶつの森シリーズ。知識量ならたぶん誰にも負けないです。

おかだの苦手な●●

運転(特にバック駐車)。免許を取ってからまる二年間大阪に行っていて全く運転していなかったので、ペーパードライバー中のペーパードライバーでした。周りのドライバーが全員敵に見えるわ。

あと虫。虫に強い人とさえ仲良くなっておけば人生は何とかなるといわれています。

休日のおかだ

休みの日は起きたら大体昼過ぎになってます。ゲームしてアニメを見てたら1日が終わってます。コンビニでアイスを買おうか迷っていたら30年経っていたこともあります。バカにしやがって。

心に余裕のある日は公園に散歩し行ったりしてます。この年になっても遊具のある公園を見つけるとテンションが上がります。心はいつまで経っても幼女なので。

専門学校でのこと

高校を卒業してからはアニメーターになるため、大阪の専門学校に2年間通っていました。

専門学校での課題の一つに「共同制作」というものがあって、私は作画監督という役職を任されました。

その名の通り作画の監督です。この役職を二年間で二回経験することになります。もちろん技術面でも成長できましたが、コミュニケーション力、忍耐力が身についたと感じます。

コミュ力と言っても「自分めっちゃ喋るの得意です!」とかではないです。

作画監督って「ここの絵を直してほしいです」とか「ここの動きをこうしてほしいです」とか、アニメーターに修正を指示する仕事なんですけど、絵の学校なだけあって皆自分の絵には自信があるので、嫌な顔をされることがほとんどなんです。

無視をされることも多いです。なんでやねん。

なので、自分の心の中で沈黙に対して何も思わない方針を定めてから会話がうまくなりました。
嘘です。

個人の性格を少しずつ見極めて接し方を変えていくように心掛けました。共同制作も後半になると最初の仲の悪さが嘘だったかのように皆仲良しになってました。どんなマジック?

私の場合結構早めにアニメーターとしての就職活動を始めたのですが、内定を頂いた超憧れの会社は月給8万円。残業当たり前。休日出勤当たり前。コンプライアンス完全無視。完全アウト。満場一致でアウト。裁判官にちょっとした絆が生まれるくらいアウト。

考えれば考えるほど不安で夜しか眠れなかったので、恥ずかしながら徳島に戻ってまいりました。

そんな過酷な二年間を過ごしましたが、やっぱり絵を描いたり、自分で考えたキャラクターを動かすことは今でも好きです。もっと言えば描いた絵を褒められることが好きです。

さいごに

趣味でも特技でもある自分の絵を生かした仕事をたくさんできる日が来ればいいなと思っております。
未熟ではありますがこれからどうぞよろしくお願いいたします。

最後に家で飼っているネコチャンです。カワイイ~。

全然関係ないけど自己紹介のオチめっちゃ難しくない?

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。