まるで四国を巡る旅。[四国銘酒88 おへんろ絵巻]徳島の地酒をピックアップでご紹介!

まるで四国を巡る旅。[四国銘酒88 おへんろ絵巻]徳島の地酒をピックアップでご紹介!

情報掲載日:




どーもー、
がんもです。

2021年も、もう3分の1過ぎてしまいましたね! はや~
そして、来たるGW! 
いかがお過ごしでしょうか。

といっても、昨年から見舞われている新型コロナウイルスの影響で、ひたすら“おうち時間”を求められ、寂しい思いをしている人も多いのでは。およよ。


そーんなアナタに!!

四国八十八箇巡りの旅気分と、四国の銘酒が味わえる「毎月四国の銘酒が届く 四国銘酒88 おへんろ絵巻」をご紹介いたします!!!




[四国銘酒88 おへんろ絵巻]

「四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト」の第一弾企画として、四国4県の50の酒蔵から集めた88種類の日本酒セット[四国銘酒88 おへんろ絵巻]が発売されました!(申込期間は5月13日17:00まで。予定数量1,000セットに達した時点で受付終了)

こちらの商品、霊場の数にちなんだ88種のお酒を、今年6月から毎月8本ずつ11回に分けてサブスクリプション形式でお届けされるというもの。

なんと、札所や遍路道が描かれた88本のラベルを並べると一つの道につながるという特製おへんろデザインになっているんです!

おいしいお酒を味わいながら、11か月かけて四国遍路気分が楽しめるというわけ。また、お酒のラベルと同じ絵柄のカードが同梱され、順番に特製の専用台帳(5月末に申申込受付)に貼っていくと、遍路道が1本につながってすべてが揃うと八十八ヶ所結願のかたちとなるんだそうです。まるでお遍路で御朱印を集めるような・・・ありがたい気分になりますねぇぇ。


中身のお酒はというと、四国4県の50の酒蔵から集めた88種類の日本酒が楽しめるようになっているんです。純米酒や吟醸酒が中心、中には大吟醸酒もあり、お酒の種類や銘柄で飲み比べることができます。四国以外にはあまり流通しない蔵元の希少な酒も含まれ、日本中の日本酒ファンが商品の到着を楽しみに待っているそうですよ! 

この商品が生まれたきっかけに、コロナ禍でお酒の販売が激減したという酒造会社の声があったからだそう。一方、四国八十八ヶ所霊場の各寺も、遍路客や参拝客が例年の10分の1程度に。世界遺産登録へ向けた活気も落ち込んだ状態にあったといいます。そんな両者がコラボレーションして誕生したのが、この[四国銘酒88 おへんろ絵巻]! 

このふたつを一つにすれば霊場と酒蔵がお互いに応援し合い支え合うことができ、また四国のイメージを全国や世界に発信することで、地域活性化にもつながると考えたんだって。

【四国銘酒88 おへんろ絵巻】公式HP


徳島県の酒蔵・酒造会社も参加!

そんな、[四国銘酒88 おへんろ絵巻]。我らが徳島県からは、8つの酒蔵や酒造会社が参加し、自慢のお酒をエントリーしています! 徳島は1番(第1回・6月お届け)~23番(第3回・8月お届け)のお酒)のお酒を担当しており、どんなお酒が登場するのか、各酒蔵・酒造会社のコメントとともにご紹介いたしますよ!



tel. 088-689-4143
鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地

HP








tel. 088-652-8340
徳島市佐古七番町7番1号

HP









tel. 0884-22-0606
阿南市長生町諏訪ノ端11

HP









tel. 0883-63-6061
徳島県美馬市美馬町字妙見93

HP









tel. 0883-72-0126
三好市池田町サラダ1756番地

HP









tel. 0883-72-0053
徳島県三好市池田町サラダ1661

Facebook









tel. 0883-78-2014
三好市井川町辻231-2

HP









tel. 088-694-8166
板野郡上板町上六條283番地

HP




おへんろ絵巻が完成する頃にはコロナ禍が収束し、この台帳を持ってリアルにお遍路を楽しんだり、四国の酒蔵などを巡ってみたり。そんな思いを馳せながら、あなたも楽しんでみては??

申込期間は5月13日17:00まで。
予約数量1,000セットに達した時点で受付終了です!
ご注文はお早めにーーー!!!!


ご注文はコチラから! 

【四国銘酒88 おへんろ絵巻】公式HP


Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。