【2021.5月OPEN】松茂町交流拠点施設 Matsushigate(マツシゲート/板野郡松茂町)たくさんの”わくわく”が生まれる、『マツシゲート』ってどんな場所?

【2021.5月OPEN】松茂町交流拠点施設 Matsushigate(マツシゲート/板野郡松茂町)たくさんの”わくわく”が生まれる、『マツシゲート』ってどんな場所?

徳島県内の“今”を感じるニュー&リニューアルオープンの新店や出来事&人系の街ネタトピックスを紹介する『みっけ』取材したてホヤホヤの最新情報をお届けします。20日発行のあわわfreeとあわせてチェック!

松茂町に何やらすんごい施設ができたと聞いて行ってきたよ。

明るく開放的なエントランスを抜けて、まずは2階へ。

個人的に一番注目していた場所がこちら『ファブスペース』。
電子工作から木工・手芸作品までさまざまなものづくりが行える工作室。

丸ノコ、ハンドソー、グラインダーなどの木工用の機械に

3Dスキャナーや3Dプリンター

レーザーカッターにコンピューターミシンにCNCにボール盤に…とすんごい機械がたくさん。

多分ここに来ればだいたいのものは作れるんじゃないかというくらいに設備が充実している。

小学生のプログラミング学習に使用される組み立てロボット[KOOV(クーブ)』も。

ファブスペースは指導員から説明を受ければ誰でもレンタル可能で、料金は1時間110円~(機械によって異なる)。

ここなら思い描いたものをすぐ形にできそう!

ファブスペースの隣はビジネスマンの打ち合わせやリモートワークに活用できるコワーキングスペース。
ここで思いついたアイデアをファブスペースで実際に試作する、といった使い方もできる。

そして、1階はキッチンスタジオ。
お菓子やカレーづくり、男の料理教室といった講座が開講される。
また大型食品乾燥機を備えていて、干し芋やれんこんチップスなど特産品の加工商品開発にも活用できる。

売店には松茂係長グッズをはじめ、まちの魅力的な商品が。

さらに、グルメも充実!

館内では新鮮食材を使った洋食レストラン&カフェを展開。
朝はモーニングセット、お昼は市場から仕入れる魚を使ったランチやパスタ、ピザ、カレーが登場。
シェフがいちから丁寧に仕込む洋食メニューはこれを食べるためだけに足を運ぶ価値あり。
飲食テナントの営業は8:00~14:30、水曜休。テイクアウトもできるよ。

写真は[本日のパスタ・ペスカトーラ](1,100円)
イカ、タコ、エビ、ムール貝などの魚介と自家製トマトソースの濃厚な味わいが美味。

ガーデンには松茂町産の生しらす丼&釜揚げしらす丼を提供する『光漁丸(こうりょうまる)』とお肉をBBQスタイルで楽しめる『MEAT GANG’S(ミートギャング)』の2店舗がスタンバイ。

[釜揚げしらす丼](ドリンク付・800円)。

BBQセット(3,000円~)。

テラス席で肉&魚料理を堪能しよう。
営業は光漁丸が11:00~(売切次第終了)、ミートギャングは17:00~22:00(土日祝は10:00~)、雨天休。

ほかにも木製カトラリーづくりにチャレンジできる梨の木工房や市場直送の鮮魚を販売する朝市「マツシゲート市」など、働く・学ぶ・作る・食べる・買うがここに勢ぞろい。

第2・4日曜には『マツシゲートマルシェ』、11月には『まつしげクラフトフェア』といったイベントも予定されており、世代や年齢、住む場所を問わず多くの人がここで新しいモノやコトに挑戦できる。

さらに、災害時には復興拠点として、施設は津波対策用の防壁に囲われており、断水時も利用できる屋外トイレや500人分の炊き出しができる大釜、5升炊きの炊飯釜もあり、芝生広場は70戸分の仮設住宅が建てられるスペースを確保。

緊急時の住民の暮らしを支える場としても活躍する。

いろんな魅力がたくさん詰まったマツシゲート。行ってみてね。


Information

松茂町交流拠点施設 Matsushigate(マツシゲート)

住所
板野郡松茂町広島字三番越10
電話番号
088-699-5030
営業時間
8:00~22:00(火・土曜は7:00~)
定休日
1/1、ほか臨時休館あり
駐車場
173台
ホームページ
https://matsushigate.or.jp/
備考
●キャッシュレス対応(飲食テナント、売店のみ)
●テイクアウト対応
●フリーWi-Fi

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。