【街ネタ】人気ラーメン店が手がけるフルーツサンドが、売切必至! SNS映えも抜群!(海部郡美波町)

【街ネタ】人気ラーメン店が手がけるフルーツサンドが、売切必至! SNS映えも抜群!(海部郡美波町)

情報掲載日:

街ネタマルシェとは、徳島のどこかにある青空情報市場。
徳島のホットな話題やレアネタ情報などが所狭しと並んでいる。
この記事だけじゃなく、すべての街ネタマルシェの記事を制覇すれば、アナタも「トクシマツウ」間違いなし!
★街ネタマルシェの全記事はこちら

阿波尾鶏のガラや阿波尾鶏の鶏チャーシューを使い、唯一無二な阿波尾鶏中華そばを食べることができる海部郡美波町の『藍庵』(あいあん)。徳島と東京を行き来しながら、流行をいち早く徳島で提供している代表の松田さん。週末ともなると長蛇の列ができる同店も、昨年からのコロナウイルス感染拡大の影響で時短や休業を余儀なくされた。

《海部郡美波町/阿波尾鶏中華そば 藍庵》あわわ麺リフト部員が好きなラーメン

そこで新たな事業展開としてハワイの言葉でいちごを意味する『❛ohelopapa』(オヘロパパ)というフルーツサンドの移動販売を3月からスタート! これが口コミやSNSで広がり、人気急上昇。営業すれば、ほとんど売切れ状態に。実際、あわわ編集部が取材をお願いした日も商品が早々に売切れて再度訪問したほど。

▲取材日のフルーツサンドは北海道いちご、桃、ハウスみかん、メロン、マンゴー、緑ぶどう、赤ぶどう、フルーツMIX。
▲クリーム開発や食パン選びに奔走した川尻さん。

代表の松田さんとスタッフの川尻さんは東京のフルーツサンドの有名店を17軒巡って、クリームの味やフルーツとの相性を独自に調査。どんなフルーツにも合うようなクリームになるよう試作を繰り返したそうだ。「試作しては食べ、試作しては食べで5kgは太りました」と笑いながら話す川尻さん。フルーツの酸味とのバランスも良く、存在感もある生クリームを生み出すため最大のポイントは生クリームの乳脂肪分とコクで、2種類の生クリームと企業秘密の材料が加えられている。

いちごは阿南市の『サニーズファーム』、食パンは徳島県南部のパン屋を巡って選びぬいた海陽町の『ピュアブレッド』と素材もできる限り徳島にこだわっている。川尻さんは「食パンは少し甘めの生地でとにかくやわらかい! フルーツサンドに最適な食パンに出会うことができました」。

毎週土・日曜の営業に向けて生クリームを仕込み、フルーツのカット、ラッピングなどすべて手作業で行う。「味はもちろんですが、断面の美しさも大事なんですごく神経を使いますよ」とは代表の松田さん。

手間ひまかけたフルーツサンドは、看板商品のいちご(800円)、彩りの美しいフルーツMIX(650円)、ハウスみかん(700円)の定番に季節のフルーツなど6~7種類が揃う。イレギュラーでボリューム満点な[阿波尾鶏のチキンカツサンド](600円)といったがっつり系サンドイッチが登場することも。

一度食べると二度三度とリピーター続出のフルーツサンド。販売箇所は『藍庵』前、道の駅ひわさ、道の駅ひなの里かつうら、『レンタルスペースLaVoile』(ファッションセンターしまむら阿南店隣)など。出店スケジュールはSNSでチェックして売切れ前にぜひゲットしよう!

道の駅ひわさ

道の駅ひなの里かつうら

レンタルスペースLaVoile

▲このかわいいフォルムのバンが目印。

Information

❛ohelo papa(オヘロパパ)

住所
海部郡美波町奥河内寺前229-1
電話番号
0884-70-1590
営業時間
10:00~売切次第終了
定休日
月~金曜
駐車場
ホームページ
https://www.instagram.com/awaodorichuukasobairon/?hl=ja

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。