【街ネタ】つけ麺 or 汁そばあなたはどっち!濃厚な魚介な旨みがアナタを待ち受ける『ニボシノキモチ』OPEN(徳島市南末広町)

【街ネタ】つけ麺 or 汁そばあなたはどっち!濃厚な魚介な旨みがアナタを待ち受ける『ニボシノキモチ』OPEN(徳島市南末広町)

情報掲載日:

どうも!

編集長のまっつんです。

聞いてください!

僕また気になるお店を発見しました。

あわわ本社ビルの目と鼻の先にあらわれたこちらの看板!

ラーメン鉢に入った3匹のニボシが目印。ちなみに奥の赤い看板の建物があわわ本社ビル。徒歩30秒の距離!

魚介豚骨つけ麺『ニボシノキモチ』!

ラーメン、特に濃厚系の一杯に目がない編集長は昼ごはんのチャイムと同時にお店でダッシュしました!

オープン後も探求の日々。こだわり濃厚つけ麺&汁そば

白と黒をキーカラーにシックな雰囲気にまとめられている外観&内観。女性でも気軽に入りやすそう。

メニューの注文は入ってすぐの券売機で! こちらの名物は上段に並ぶつけ麺と汁そばです。

どちらも豚骨をじっくり煮込んでとった出汁に、にぼしをたっぷり加えて香りづけしたスープが特徴。店長いわく時間と火力に細心の注意を払いながら作っているそうで、使っている食材はもちろんその細かな工程は門外不出。完成したこちらの濃厚スープに合わせるのは、その旨みを抜群に引き立てる麺。オープンしてからもお客さんの反応をみながら味の研究を重ねていて、やはり詳細はお伝えできないが麺の中に含まれる全粒粉(小麦の表皮や胚芽も粉状にしたもの)の量を調整しているようで、現状に満足せず日々進化の方向性を模索されています。

つけ麺が到着!

さてさて、そうこうしていたら注文していたメニューが到着!

こちらが[魚介豚骨つけ麺](並盛850円)。

見るからにツルっとのど越しの良さそうな麺に、大きなチャーシュー、炙りタケノコのトッピングに目を奪われます。

また、つけ麺の麺は冷水で〆た状態で提供されるのですが、冷たい麺が苦手だという人はアツ盛(温かい麺)に変更できます。

ちなみに店内には電子レンジが完備されていて、途中で冷たくなってしまったつけ汁を温めなおすこともできます。

もちろん残ったつけ汁に、割りスープを加えて楽しむことも可能。詳しくスタッフさんまで。

つけ麺よりも濃厚な汁そば!

続いて登場したのは[魚介豚骨醤油汁そば](並盛800円)!

一般的につけ麺が名物のお店の汁そばというと、つけ麺よりもあっさりしたイメージがありますが、こちらでは汁そばのほうがより濃厚!どろりとしたスープがかなり麺にからみます! [白飯](小盛150円、大盛200円)を注文すれば、このスープが良いごはんのお供になります。

定番は写真の醤油味ですが、つけ麺も汁そばも同じ値段で塩味を用意。

麺は並が1玉、大盛が1.5玉、特盛が2玉になっているそうです。

味に変化をつけたいときは、無料で豆板醤、お酢、おろしにんにくを注文することが可能。小皿に入れて適量分を席まで届けてくれるので、こちらも詳しくはスタッフさんまで!

口の中で広がる魚介(ニボシ)の旨み!

あなたも味わってみませんか?

Instagram
Facebook

Information

魚介豚骨つけ麺 ニボシノキモチ

住所
徳島市南末広町2-7(リーグナムビル1F)
電話番号
070-3788-2643
営業時間
11:00~15:00、17:00~売切次第終了
定休日
不定休
座席数
29席
駐車場
8台
備考
フリーWifi/×
キッズスペース/×
※子ども用チェアは完備
キャッシュレス決済/×

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。