【街ネタ】日常でアートに触れられる空間を! 『ギャラリー喫茶GRACE』にアートギャラリーが誕生 (徳島市銀座)

【街ネタ】日常でアートに触れられる空間を! 『ギャラリー喫茶GRACE』にアートギャラリーが誕生 (徳島市銀座)

情報掲載日:

こんにちは! あわわ編集部です。

突然ですが皆さん!

アート(芸術)は好きですか?

『あわわ』の社内では日頃からデザインに関わる仕事をしているからか、意外と芸術好きなスタッフが多く、実は芸大卒のスタッフがいたり、書道の先生ができるくらい達筆なスタッフがいたり、個人でイラストを描いているスタッフがいたり…etc

現在のあわわ編集長も、絵の才能こそありませんが、コロナ前までは趣味で美術館をめぐったり、気に入ったアーティストの絵を買ったりしていたそうです(全然そうは見えませんが(笑))。

そんなアート好きなスタッフの多い『あわわ』に、「『ギャラリー喫茶GRACE』にアートギャラリーができたらしい」という情報が入りました。

『ギャラリー喫茶GRACE』といえば、アート好きなオーナーが営む徳島で知る人ぞ知る画廊喫茶!

どんな風に変わったのか? 早速取材に向かいました!

大型作品も展示可能! 通りに面した気軽に立ち寄りやすい街のギャラリー

お店のある徳島市の銀座商店街にやってきました!

すると早速、『アートギャラリーGRACE』の看板を発見♪

「たしか、以前は1階が雑貨屋さんだったはず。けど、2階は確かに喫茶の入口だし、場所はあっている」

するとそこへ、オーナーの息子である梶本さんがやってきてくれました。

「これまではあくまで喫茶の空間の中に作品を展示していたのですが、どうしても展示できる作品の数や大きさに限りがありました。2階とは別に本格的なギャラリーを作って、もっとたくさんのお客さんに見てもらいたかったんです」。

もともと雑貨店だったスペースに新しく誕生したアートギャラリーは、約83平方メートルで県内の個人ギャラリーではなかなかの広さ。高さも2m以上あり、これまで展示できていなかった大作も飾ることができるそうです。

「アートは心を豊かにしれくれます」と笑顔で話してくれた梶本さん。

このスペースを作り上げるうえで照明の明るさや位置にこだわり、飾られる作品たちが「一番良く見える」ように試行錯誤したんだそうです。

日曜~金曜までの期間スペースを貸し出していて、そのレンタル料は3万円。

実際にギャラリーを訪れたお客さんのなかから、「自分も個展をさせてほしい」という声も寄せられています。

「若手アーティストの皆さんに、作品を見てもらう場として活用してもらい、自信につなげてもらたらありがたいです。そうすればアートで徳島が活性化すると思うので!」。

アートギャラリーには20代~年配の人まで、幅広く訪れていて、2階の喫茶と合わせて楽しみに来るという人も少なくないようです。

ちなみに取材で訪れたタイミングでは、徳島大学総合科学部助教授で日本版画協会会員の平木美鶴さんの版画と絵が展示されていました。

展示している作品のなかには、制作に3~4カ月程費やしたというかなりの大作も!

季節ごとの空気を視覚で感じることができる作品の数々に、思わず時間を忘れて見とれてしまいました。

今後の個展の予定

気になる今後の個展の予定ですが!

9月24日(金)までは、彫刻家で徳島大学名誉教授でもある河崎良行さんが代表を務める「とくしま人物デッサン会」会員展を開催。

その後、10月は近藤幸さんの木版画・油彩画展、11月は二條均さんの油彩画展、12月は武田亜希子さんの彫刻展を予定。

詳細は『ギャラリー喫茶グレイス』のTwitterで決まり次第発表されるということなので、ぜひチェックしてみてください。

Twitter

Information

アートギャラリーGRACE

住所
徳島市銀座19ー2(1階)
電話番号
088-654-3448
営業時間
10:30〜17:30
定休日
土曜
駐車場

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。