【街ネタ】観光客に“美馬市を選んでもらう”秘策!『僕らの食卓』ドラマ化による観光プロモーションプロジェクト(美馬市)

【街ネタ】観光客に“美馬市を選んでもらう”秘策!『僕らの食卓』ドラマ化による観光プロモーションプロジェクト(美馬市)

情報掲載日:

2021年も残すところあとわずか。

昨年同様新型コロナウイルスの影響を大きく受け、飲食業や観光業の皆さんは引き続き大変な1年だったと聞きます。

そんななか、この冬は新型コロナウイルスの感染拡大が一旦落ち着きをみせ、全国の有名観光地には徐々に観光客の姿が!

実際に、先日僕もとある温泉地を訪れたところ、県外ナンバーの車を数多く見かけました。

今後も感染拡大の可能性はありますが、ワクチン接種が進み少しずつアフターコロナに歩んでいるように思います。

そうしたなか、とある面白い切り口で観光客に来てもらおうと立ち上がったまちが徳島にあります!

それが、徳島県西部の豊かな自然と歴史を有するまち・美馬市です。

“美馬市を選んでもらう”ための、ロケツーリズムを軸とした観光プロモーションプロジェクト

左から美馬市観光交流課の山川課長、石田課長補佐。

今回の話をお伺いしたのは『美馬市観光交流課』の皆さん。

美馬市の観光の振興、宣伝及びその普及に関わる業務や特産品の開発・宣伝、サテライトオフィスの誘致など、幅広く活動されています。

「地元の観光業や飲食業の方々と業務を通じて関わりを持つことが多いのですが、皆さんコロナ終息後に観光客が戻ってきてくれるのか不安を感じられていました」。

そう切り出したのは、『美馬市観光交流課』の石田課長補佐。

脇町のうだつの町並みをはじめ、美馬市内の観光地も新型コロナウイルスによって大きな影響を受けたといいます。

感染が落ち着いたところで、真っ先に注目が集まるのは北海道、沖縄、京都など、全国の名だたる地域。

美馬市の観光のウリとなっているレトロ町並みや美しい自然に絞ってみても、全国にはいくつもの名所があり、都市部から離れた徳島県美馬市に観光客が戻ってくるのは、これから何年も先のことになるかもしれません。

地元の観光業や飲食業に携わる人たちの生の声を聞き、危機感を覚えた『美馬市観光交流課』が取り組みはじめたのが、ドラマロケを軸とした地域と連携して進める観光プロモーションプロジェクト!

「“あえて美馬市を選んでもらう”ためには、他県のどの町にもないオンリーワンコンテンツが必用だと思ったんです」

そこで気になるのは、どんなドラマのロケが行われるのか!

今回撮影が決まったのは、漫画『僕らの食卓(三田織 著)』(幻冬舎コミックス)。ちなみに同作の初実写化となるそうです!

(C)三田織/幻冬舎コミックス

原作のあらすじ…

誰かと食事をするのが苦手な会社員の豊が、ひょんなことから公園で出会った年の離れた兄弟・穣と種になぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。その後、彼らと食事をする機会が増える豊。いつしか彼の心には、大きな変化が…。「誰かと一緒に食べるごはんがこんなにうれしくておいしいなんて」。食を通じて広がるハートフルストーリー。

キャストや放送時期の発表は、まだ少し先とのこと。

『美馬市観光交流課』では市のホームページをはじめ、美馬市の観光の総合窓口の役割を担う『美馬市観光ビューロー』とも連携して今回の情報を随時発信していくとのこと。

観光客を継続して呼び込み、循環してもらう仕組みを構築するため。意識したのは「同じベクトル」!

「実はこれまで美馬市では何度かドラマロケが行われたのですが、放送後に来てもらった観光客の皆さんが循環できるような仕掛けがなされておらず、せっかくドラマの舞台に選ばれても一時期の盛り上がりとなってしまっていました」

「そうした結果に市としても責任を感じていて、今回は誘致の段階からロケツーリズムに主軸をおいて、イチから町の皆さんと築き上げていくことにしたんです」

観光の楽しみといえば、食やおみやげもかかせません。

しかし、企画や広報ができても、市ですべてをまかなうことは不可能。

そこで、観光で町を継続的に豊かにする仕組みを提案し、実現にむけて「同じベクトル」で考え・動いてもらえるように協力を打診しています。

まだ計画段階ですが、ドラマとコラボしたオリジナルメニューの提供や現地でしか買えないおみやげ品の開発など、ワクワクするようなアイデアを地元の人たちと協力して生み出す予定とのことでした。

また、今回のドラマロケ誘致において、忘れてならないのは企業の支援です。

ドラマの制作費はもちろん、ロケツーリズム実現のためには多くの費用が必用となりました。

その費用は現在、企業版ふるさと納税による寄附を企業に募り、準備中です。

『企業版ふるさと納税』とは…

企業が自治体の実施する地域創生事業に寄付をすると税負担が軽減される(2024年まで最大9割)制度のこと。企業PRを行いつつ、企業PRができるというメリットがる。

「企業版ふるさと納税の活用や提案の内容については、徳島でエンターテインメントやクリエイティブを通じて地域再生を目指している『OVERDO』さんにアドバイスいただいて進めています」

ドラマロケの誘致がゴールではなく、子世代、孫世代まで安心して暮らせるような賑わいをロケツーリズムの実現で生み出す。

なので、ただ寄附を募るだけではいけません。

協力企業同士をつなげ機運を醸成したり、つながりを深め面白いアイデアを生み出したり。

「ドラマロケの開始や作品の放送までに、市として動かなければいけないことはいっぱいあるんです!」と石田さんは決意を語ってくれました。

今回のドラマロケを軸としたロケツーリズムが実現すれば、次はアニメ、次は映画というように、徳島を舞台にした作品が増えていくかもしれませんね。

今後美馬市がどのように変わっていくのか目が離せません!

Information

ホームページ
https://mimakankou.or.jp/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。