【街ネタ/FiKA(徳島市寺島本町)】女子大学生が営む、期間限定の間借りカフェ。仕事前や空いた時間に、ホッと一息コーヒーブレイク

【街ネタ/FiKA(徳島市寺島本町)】女子大学生が営む、期間限定の間借りカフェ。仕事前や空いた時間に、ホッと一息コーヒーブレイク

情報掲載日:


こちらは酒井花乃さん。カフェのオーナーであり、徳島大学医学部保健学科の学生さんです。

がんも
がんも

こんな可愛らしい女子大生が、カフェをオープンさせたなんてっ(感動)

現在休学中だという酒井さん。留学の夢がありましたが叶わず、この期間でなにか挑戦したいという思いがあったそう。

お菓子作りやコーヒーが好きだったので、カフェをやってみたいと思いました。バイト先のオーナーに話すと親身に相談にのってくれて、こちらの店舗を間借りさせていただけることになったんです。

酒井さん
酒井さん

夜は『徳島酒商店』として営業しているこちら。酒井さんのアルバイト先のオーナーが持つ店舗の1つで、カウンターの後ろには酒瓶が並びます。

カフェを営業している間は、かわいらしいアイテムを置いているよ。

兵庫県出身で、徳島に来てまだ3年ほどだという酒井さん。知らない土地で、何も分からないところから始めたカフェ。豆を仕入れている神戸の珈琲店がミル挽きマシンを貸してくれたり、人づてで知り合ったデザイナーさんがお店のロゴを作ってくれたりと、人との出会いや繋がり、その支えがあったからこそ開くことができたのだと言います。

がんも
がんも

若者の大きな挑戦! みんなが協力したくなるキモチ、わかるよっ



早朝からいただけるのは本格ドリップコーヒー。軽食メニューもいろいろで、どれにしようか迷っちゃう!


店名『FiKA』は、スウェーデンのコーヒーブレイクである「フィーカ」という文化から名づけており、利用しやすい価格設定と居心地の良いお店づくりをこころがけているそう。午前6時からオープンし、お昼12時まで営業しています。(金曜のみ14時まで。)

自慢のコーヒーは、豆の種類を使い分けこだわりの一杯に。深煎りブレンドは神戸の『萩原珈琲』から仕入れた豆で、苦みと酸味のバランスが良く、しっかりしたコクが楽しめます。中煎り、浅煎りは徳島県内のコーヒー店から選りすぐった豆を使用!

モーニングや軽食にぴったりの[ホットサンド](300円)と[ホットコーヒー](300円)。ほか、友人やお客さんからの意見を取り入れ数々のメニューを考案!

「トーストにアイスをのせてみたり、ランチメニューも作ったり。メニューもコーヒー豆の種類もどんどん増やしたいです(笑)」と酒井さん。

がんも
がんも

バター、シナモンシュガー、はちみつバター、ガーリック…トーストの味がいろいろ選べてうれしい! ドリンクの種類もたくさんですね。どれも気になる!

ほんとに全部おいしいので…全部おすすめなんです! 早朝6時からオープンしているので、美味しいコーヒーと食事を気軽に楽しんでもらいたいです。

酒井さん
酒井さん

コーヒー好きの酒井さんが丁寧にドリップしてくれる一杯は本格的。毎朝早起きして、お客さんを待っているよ!

カウンター席や窓ぎわのソファ席で、出勤前のモーニングや空き時間のゆったりしたひとときを。



Information

FiKA(フィーカ)

住所
徳島市寺島本町東3-6-2-1
電話番号
080-5358-0087
営業時間
6:00~12:00(金は~14:00)
定休日
土、日曜(12/25~1/5は休)
座席数
16席
駐車場

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。