【街ネタ】受け継がれる本格派タイ料理の味。路地裏の隠れ名店がRe:スタート。

【街ネタ】受け継がれる本格派タイ料理の味。路地裏の隠れ名店がRe:スタート。

情報掲載日:

街ネタマルシェとは、徳島のどこかにある青空情報市場。
徳島のホットな話題やレアネタ情報などが所狭しと並んでいる。
この記事だけじゃなく、すべての街ネタマルシェの記事を制覇すれば、                 アナタも「トクシマツウ」間違いなし!
★街ネタマルシェの全記事はこちら

本場と変わらぬ本格派タイ料理がいただけるとあって、エスニック料理好きから支持されていた『SOI555』(ソイハハハ)。

【6月OPEN】Asian Style Bar SOI 555(ソイハハハ/徳島市鷹匠町)飲み屋が並ぶ路地裏で本格タイ料理が味わえる!?

昨年8月に決まったオーナーである錦さんの海外移住によって閉店の危機を迎えていたのだが、プレオープンの時から足を運び、2週間に1回ペースですべての料理を制覇するほどのファンというファイナンシャルプランナーでエフエム徳島の番組『マネーの寺子屋』にも出演している尾山さんによって営業が存続されることに! 「昨年のコロナ明けで営業再開した8月20日に錦さんから閉店の話を聞いて、それは困る、その場で店を引き継ぐことを決めました」と尾山さん。そこから店長探しをスタート。新たな店長として新口さんが抜擢されるのだが「最初は引き受けるつもりはなかったんですが、錦さんのタイ料理に対する思い、尾山さんのお店に対する思い、提供される料理の美味しさとかを知ってワクワク感が膨らんで引き受けることにしました」。しかし、それまで新口さんは料理人経験はまったくなかったそうで猛特訓。残されたレシピを元に約1ケ月、何10回となくフライパンを振る日々を送ったそう。「常連さんからも錦さんの味とそっくりそのままと言ってもらえるようになりました。特にタイ風チャーハンのカオパットには自信があります」。かつて提供していた味を知っている現オーナーの尾山さんと二人三脚で再スタートすることになった『SOI555』。

▲ハーブの香りがアクセントになったスープが特徴。卵を絡めた豚バラ・鶏ムネなどの旨みもGOOD。

タイのイサーン地方の郷土料理で看板メニューの[チムチュム](1人前1,500円・2人前から)、タイ料理といえば誰もが知っている[ガパオライス](800円)など人気メニューはそのまま。

▲日本でもおなじみになった[ガパオライス]。味付けは前オーナーの錦さん直伝。
▲毎週月曜はオーナーの尾山さんもカウンターに立つ。

新たにタイビールが2種類、タイで製造されたラム酒・メコンを使ったカクテル[タイ・サバイ](700円)なども提供中だ。特に[タイ・サバイ]は刻んだ生バジルを使うのが独特で、爽やかな飲み味がエスニック感満点のタイ料理とベストマッチ! 徳島にいながら本場タイの雰囲気を楽しめる路地裏の名店にぜひお出かけあれ。

▲ラム酒、刻んだ生バジル、ライムジュースなどを使ったカクテル。ほのかにバナナの香りがするのだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: machi_bana02-20210708110349.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: machi_bana01-20210708110402.png

Information

Asian Style Bar SOI555(ソイ ハハハ)

住所
徳島市鷹匠町1-18-2
電話番号
080-2680-3984
営業時間
19:00~翌3:00(翌2:30ラストオーダー)
定休日
木・日曜
座席数
8席
駐車場
ホームページ
https://soi-555.com/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。