地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース5月版

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース5月版

情報掲載日:

新春の徳島にある24の市町村から届いた最新の知っ得情報をご紹介!
随時更新してお届けいたします。

各市町村で開催されるイベント情報も続々ッ。各種コンテストの募集告知や結果も届いているよ♪

さらに、市町村の新政策や取り組みについても紹介します。地元のコトをもっと広く、もっと深く知ってちょーだい!

徳島 #24市町村 #とくしま #市町村 #取り組み #政策 #政治 #コンテスト #告知 #応募 #イベント #景品 #スタンプラリー #おでかけ #スポット #旬 #コンテスト #フォトコンテスト #結果 #新商品 #グルメ #セミナー #マルシェ #アクティビティ #ウォータースポーツ #パックラフト #パンフレット #お遍路 #ガイド #オープンガーデン #直売所 #シンボルマーク #動画 #花 #フラワースポット #花畑


掲載されている情報は予告なく内容が変更になる場合がございます。
※詳細は各お問い合わせ先までご確認を。

徳島市

空き不動産を提供or紹介して「リノベーションまちづくり」を応援しよう

令和4年度のリノベーションまちづくり推進事業の取組として、10月7日(金)~9日(日)にかけてリノベーションスクールを開催。このスクールの題材として空き家、空き店舗、空き地などの遊休不動産を募集中。不動産を提供、または紹介できる人は「徳島市都市建設政策課」まで!

リノベーションまちづくり/遊休不動産や公共空間などの空間資源や人的資源、歴史的資源などの「今ある資源」を生かし、これまでにない新しい使い方でまちを変えていく民間主導のまちづくりの手法。地域の人々とのコミュニティや新たなまちのコンテンツを生み出し、まちの価値向上を図る政策。

リノベーションスクールとは
遊休不動産の活用(リノベーション)を通じた都市再生手法を学び、体験する3日間の短期集中スクール。受講生(社会人・学生など)がグループにわかれて、まちなかに実在する空き家、空き店舗、空き地などの遊休不動産を題材に、エリア価値を高める事業プランを立案。リノベーションまちづくりの第一人者である講師陣のアドバイスでブラッシュアップを重ね、最終日に不動産オーナーや関係者へプレゼンテーションを行う。建物単体の再生を超えて、まちの豊かな未来を創出することを目指す。

リノベーションスクールの対象エリア/通町・中通町・新内町・南内町・両国本町などその周辺
対象物件の範囲/対象エリア周辺にある空き家、空き店舗、空き地など
受付期間/令和4年6月30日(木)まで
※店舗の定休日や閉店時間、空きスペースなども対象。要相談。※物件の築年数や、状態は不問。

【留意事項】
・リノベーションスクールの趣旨、取組を十分に理解し、参画できること。
・スクール期間中、物件の内覧や受講生からのヒアリングに協力できるとともに、最終プレゼンテーションに参加できること。
・公序良俗に反するおそれのない個人、団体および物件であること。
・暴力団、暴力団の構成員、およびそれらの団体と密接な関係でないこと。
【連絡後の流れ】
①市の担当者が訪問し、取組の趣旨を説明。
②リノベーション団体と詳細を確認し、対象物件の可否を決定します。
③スクール期間中は無償で物件を開放。
④スクール期間中は、物件の内覧や受講生からのヒアリングに協力。
⑤スクール最終日のプレゼンテーションに、リスナーとして参加。
⑥スクール以降の活用については要相談。他都市では事業プランが実現し、家賃収入の発生や、雇用の創出、エリア価値の向上などがみられた事例がある。

問/088-621-5266(徳島市都市建設部都市建設政策課)

詳細はこちら

「第9回徳島市の花「さくら」フォトコンテスト」の作品募集中

※写真はイメージ

「第9回徳島市の花「さくら」フォトコンテスト」の作品を募集中。徳島市内で咲く桜をテーマに、心に残る1枚を撮影しよう。応募資格は不問。応募された作品は『とくしま植物園 緑の相談所』などで展示予定。同所にて行われる人気投票により受賞作品が決まるよ。※応募は2022年に徳島市内で撮影された作品に限る。

詳細
テーマ/徳島市内で2022年に撮影した桜の花
各賞/●特選1点(賞状、クオカード6,000円分)●準特選2点(賞状、クオカード4,000円分)●入選3点(賞状、クオカード2,000円分)●佳作4点(賞状、クオカード1,000円分)
応募締め切り/~5月31日(火)必着

問/088-636-3131(とくしま植物園 緑の相談所)

詳しくはこちら




鳴門市

新・ご当地メニュー「うずの幸グルメ」提供スタート!

「鳴門海峡の渦潮」を中心とした観光エリアを盛り上げていくため、鳴門市と南あわじ市の事業者が開発した新ご当地メニュー「うずの幸グルメ」が誕生。鯛やワカメなど渦潮が育んだ海の幸などを新たに「うずの幸」と呼称し、両市の特産食材と合わせたメニューが揃う。25店舗が参加、30種類のメニューの提供がスタートした。味も見た目も楽しい料理の数々をご賞味あれ! メニューの詳細は「うずしおぐるぐる」HPでチェックを。

問/088-684-1157(鳴門市観光振興課)

詳細はこちら


小松島市

「第1回小松島たぬき塾」開催♪

『お客様・お店・地域』のみんなが良くなる「三方よし」の心掛け! お店の人が講師となり、プロならではの専門的な知識やコツを伝える少人数性の塾を開催するよ。受講料は基本無料! スケジュールをみて、興味のある講座に参加してみよう。

※訂正※
講座番号15 笑顔でエー声 朗読講座
講師:清水 宏香 
(誤)050-5866-5436
(正)  050-5866-5438

詳細
場所/それぞれのお店・事業所で開催
問/各お店へ
参加費/受講料は基本無料!※内容によっては材料費等の実費がかかる場合あり。

申込方法/受付電話番号を確認し、電話又はメールで申し込みを
詳細はこちら


「小松島みなとマルシェ」が開催!

小松島市内最大級のハンドメイドマルシェ。手作りの雑貨のお店やフードブース、キッチンカーなど約60店舗が出店! 海風を感じながら、ショッピングやグルメを楽しむ休日を過ごしてみない?

場/小松島市小松島町字新港19(小松島みなと交流センターkocolo北側 倉庫前駐車場)
時/10:00~16:00
料/入場無料
P/約200台
問/0885-32-3809(小松島市商工観光課)


阿南市

体験せずにはいられない! ダイナミックに川下り

人気急上昇中「パックラフト」は、カヌーに似た形ゴムボートで川下りを楽しむアクティビティ。ボートは安定感があり、初心者でも挑戦しやすいのが魅力。那賀川中流域でダイナミックな川下りを体験しよう!

詳細
コース内容/那賀川中流域
所要時間/約2時間
出発時間/①10:00~ ②14:00
参加対象年齢/一人乗りは中学生以上、二人乗りは小学生4年生以上(大人と同乗)
料金/一人乗り:大人7,700円、中高生6,600円、二人乗り:大人5,500円 小中高生4,400円※体験料、装備一式、保険料含む
持ち物/濡れても良い服装、バスタオル、帽子やラッシュガードなどの日焼け対策グッズ
開催期間 4月下旬~10月下旬
詳細はこちら


阿波市

動物愛護チャリティーイベント「猫に恩返しinアワーズ」

動物愛護活動への関心と理解を深めるマルシェが開催される。『あわねこ保育園』の保護猫に癒されながら、みんなで猫について考えよう。キッチンカーやハンドメイド作家など約40店が出店するよ。売り上げの一部を動物保護団体の活動費として寄付、また保護猫の里親も募る。出店者は下のボタンからチェックを。

日時/5月29日(日)10:00~17:00
場/阿波市阿波町伊沢田88-1(ショッピングプラザアワーズ)
料/入場無料
P/有(無料)
問/080-3922-0260(OREGA26)

詳しくはこちら



「しわしわ行こうだ!」オリジナルお遍路ボトルが登場

[阿波市お遍路クリアボトル]1,000円※容量500ml、耐熱60℃、乾燥機不可

阿波市のお遍路ゆかりのイラストがデザインされたクリアボトルが完成! 「しわしわ行こだ!(ゆっくり行こうよ!)」のキャッチフレーズや可愛いイラストは見ているだけで癒されるよ。暑い季節の熱中症予防のために、お気に入りの飲み物を入れてお遍路へ出かけよう。阿波市観光協会にて販売中。

問/0883-35-4211
場/阿波市阿波町東原173-1(阿波市観光協会)


「お遍路パンフレット」がリニューアル!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1776-20220422120515-20220426121256.jpg

発行当初から好評の「お遍路マップ」リニューアル! 阿波市内にある4つの寺のほか、『犬墓大師堂』などお遍路関連スポットや寄り道できるお店などを紹介しているよ。阿波市観光協会事務局などで配布中。欲しい人は送付も可能なので問い合わせを!

場/阿波市阿波町東原173-1(阿波市観光協会)
問/0883-35-4211

詳細はこちら


「阿波の土柱」米寿の祝い! イベントを盛り上げよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7ae73397e50ecab9b7733478b858c8a6-20220426114642-20220426121733.jpg

「阿波の土柱」が1934年5月1日に国指定天然記念物に指定されてから今年で88年目になることを記念して「阿波の土柱の日」イベントを開催。土柱ボランティアガイド無料案内、お楽しみ抽選会(くじ引き)、缶バッジ作り体験、ポン菓子プレゼント、お菓子のつかみ取りなどファミリーで楽しめる内容になっているよ。みんなで国指定天然記念物「阿波の土柱」の米寿をお祝いしよう!※景品が無くなり次第終了。

開催日時/5月1日(日)10:00~15:00
場/阿波市阿波町北山540(受付は『土柱どんどん』駐車場)
問/0883-35-4211(阿波市観光協会)

詳細はこちら

詳細はこちら


阿波オープンガーデン2022

阿波市のガーデニング愛好家の庭16カ所(うち11ヵ所は予約制)を一般開放して観賞できるイベント。心地よい気候のなか、オリジナリティあふれた素敵な庭をのぞいてみよう。巡回バスは運行しないので、来場の際は自家用車で。

予約方法、当日について
●予約受付は4月25日(月)~5月11日(水)10:00~17:00。 記入用紙に必要事項を明記のうえ『阿波市観光協会』まで持参かFAX送信。または電話かメールで申し込みを。 ※予約多数の場合は、早期受付終了の場合あり。
●当日は、9:00~15:00までに『阿波市観光協会』にて受付を。入場許可証と案内図を配布。

場/阿波市阿波町東原173-1(阿波市観光協会※受付会場)
問/0883-35-4211
開催日時/5月14日(土)、15日(日)10:00~16:00
料金/無料
P/有

詳細はこちら



新・オリジナルグッズ販売中

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1078-20220331181855-20220401155709-1024x1024.jpg

阿波市の新グッズ! 御所のたらいうどんの写真が表紙のま~るい付箋(メモ欄はうどん)と、阿波市のキャラクター「あわみちゃん」のマスキングテープが登場したよ。阿波市観光協会事務局で販売中!

●[あわみちゃんマスキングテープ](20㎜×5m)/300円
●[御所のたらいうどん付箋](付箋20枚)/200円

問/0883-35-4211(阿波市観光協会)
販売場所/阿波市阿波町173-1(阿波市観光協会事務局)

詳細はこちら




「花木めぐりマップ」を持って、春の花を楽しもう

阿波市ならではの風景や農地を活用した花スポットが掲載されている「花木めぐりマップ」は一年を通して使えるすぐれもの。下のボタンからチェック&ダウンロードしてね。

阿波市 花木めぐりマップ ダウンロードはこちらから

問/0883-35-4211(阿波市観光協会)



春のお楽しみ♪ いちごの直売所がOPEN

御所に春の訪れを知らせる『ストロベリーロード』の直売所が期間限定でオープンしているよ。直売所によって営業時間が異なるため、訪れる前に電話などで確認するのがおすすめ。下のストロベリーロードMAPを参照してね。

問/各直売所へ

美馬市

美馬市の公式LINEが登場!

美馬市から公式LINEアカウントが登場! お友だちを募集しているのでスマートフォンやタブレット端末の「LINE」アプリで追加してみよう。美馬市の観光、イベント、子育て、防災情報など気になる情報を自分で選び、いち早く受け取ることができるよ。(※セグメント配信)

※追加後、最初に表示されるメッセージ内のリンク先から受信設定が必要。

問/0883-52-1717(美馬市役所デジタルトランスフォーメーション推進課)

美馬市LINEお友だち登録はこちら
詳しくはこちら


三好市

初夏のおでかけは、涼やかに咲くアジサイを観に雲辺寺へ

四国霊場66番札所・雲辺寺では、6月中旬から境内のいたるところでアジサイの花が涼やかに咲き誇り、青や紫、ピンクの鮮やかな景色が広がる。アジサイは雲辺寺に古くから自生しており、また挿し木で増やしたものも含め3万株が咲くのだとか。標高が911mと高く、雲気温が7℃ほど低いため、7月中旬に満開を迎えお盆頃まで境内や参道をゆく参拝客を楽しませる。

問/0883-72-7646(三好市役所秘書人事課)

「第9回千年のかくれんぼフォトコンテスト」受賞作品決定!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: miyoshi_2205-20220330135824.jpg

プリント部門最優秀賞「Color of Autumn」

各部門合わせて1327点の作品が寄せられた「第9回千年のかくれんぼフォトコンテスト」の受賞作品が決定! 感性を揺さぶる美しい写真の数々を「三好市公式観光サイト 大歩危祖谷ナビ」HPで見てみよう。

問/0883-70-5804(千年のかくれんぼフォトコンテスト事務局)

三好市公式観光サイト 大歩危祖谷ナビ HP


佐那河内村

新しい村づくりを推進! シンボルマークが誕生

佐那河内村の新たな村づくりを「さなごうち 次世代へ贈る、新しい光景・ものがたりの創出」と題し、その旗印としてシンボルマークが誕生。村の地域資源を見直し、掘り起こし、最大限に活用することを基本に、様々な事業を展開予定だ。詳細はHPをチェック!

問/088-679-2973(佐那河内村企画政策課)

詳細はこちら


海陽町

子どもたちがDMVを応援! PR動画配信中

線路と道路の両方を走る新しい乗りもの「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の運行開始を記念して制作したPR動画では、『[世界初]が走る町。』をテーマに町内の子どもたちがいろいろな[世界初]を表現し、DMVへの期待とワクワク感を発信しているよ。保育所や幼稚園の園児は、DMV絵本『ふしぎなのりものディーエムブイ』のイラストをもとにしたジャンボぬり絵に挑戦。小学生はDMV応援ソング『DMVのうた~世界初に乗ろうよ~』の合唱、中学生は演奏。高校生は書道パフォーマンスや和太鼓の演奏などを披露。制作した動画は、現在YouTube等で配信中。

問/0884-73-4100(海陽町経営戦略課)

石井町

藤まつり

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 22d43a9529d58d46aa40727edf1f3520-20220324141310-1024x779.jpg

約250年前、地福寺の住職が庭に植樹したという紫藤が豊かに咲き誇る『藤まつり』。約30mにおよぶ満開の藤棚はまさに絶景! 地福寺、徳蔵寺、童学寺で同時開催。石井町の花である藤を心ゆくまで楽しもう。

開催期間/4月15日(金)~5月8日(日)
場/名西郡石井町石井字石井321(地福寺)、名西郡石井町石井字石井1135(徳蔵寺)、名西郡石井町石井字城ノ内605(童学寺)
問/088-674-1292(石井町商工会)

詳しくはこちら



地福寺


徳蔵寺


童学寺



つるぎ町

「つるぎクラブ」2022春・夏号が発行!

毎年2回発行されるリーフレット「つるぎクラブ」2022年春・夏号が発行された。つるぎ町の自然の中で実施されるヨガ体験やポタリング、リバートレッキングなど季節の空気を楽しめるイベントやツアー情報を盛りだくさん掲載しているよ。つるぎ町役場でも配布中!

問/0883-62-3114(産業経済課)



24市町村 #グルメ #スポット #桜 #イベント #お花見 #レジャー #ドライブ #駐車場 #週末 #おでかけ #取り組み #恐竜 #激辛 #マルシェ

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。