【街ネタ/漂流食堂・末廣亭(徳島市鷹匠町)】夜街の町中華で、昼だけ本格スパイス料理が食べられる!?

【街ネタ/漂流食堂・末廣亭(徳島市鷹匠町)】夜街の町中華で、昼だけ本格スパイス料理が食べられる!?

情報掲載日:

街ネタマルシェとは、徳島のどこかにある青空情報市場。
徳島のホットな話題やレアネタ情報などが所狭しと並んでいる。
この記事だけじゃなく、すべての街ネタマルシェの記事を制覇すれば、アナタも「トクシマツウ」間違いなし!
★街ネタマルシェの全記事はこちら

とある日の午後、割烹や居酒屋が軒を並べる鷹匠町を車で通りかかると『漂流食堂』なる文字を発見。その店名が掲げられているのは、1995年から営業している町中華の名店『末廣亭』の軒下。今日のMENUには[魯肉飯]、「タイカレーもあります」????????????? 東京や大阪で話題の間借り営業なのか? 気になる~。

▲店名は小さいので見逃さないで!

というわけで『末廣亭』なのか『漂流食堂』なのか聞いてみた。「昨年春から週末中心にイベントやマルシェなどにスパイスカレーや台湾料理を提供するお店を出店していたんですが、その屋号が『漂流食堂』なんです。ランチタイムの営業は昨年から不定期で始めました。で、私は『末廣亭』の娘なので、ここが実家だから間借り営業ってわけでもないんですよ」と話してくれたのは平岡朱美さん。平岡さんは大阪・心斎橋のワインバーでソムリエとして約18年勤務していたそうで、フード類の調理もその時に学んだのだとか。どれも台湾出身の友人、スリランカやインド出身のシェフから直接教わったそう。メニューは日替わりで台湾料理の日、カレーの日がある。取材日は台湾料理の日だったので台湾の屋台飯を代表する[魯肉飯(ルーローハン)](大根餅とスープ付き・1,000円、ミニ500円)。

▲食欲を掻き立てられる香りが効いた豚肉もさることながら、厚揚げがかなり絶品。

台北の薬膳調味料店から仕入れる八角・桂皮・五香粉といったスパイスを使って煮込んだ豚肉は香りが抜群、その豚肉の旨み満点の煮汁が染み込んだ厚揚げと煮玉子がこれまた旨い! 野菜もたっぷり食べてもらいたいと紫芋のマッシュポテトや茹でピーナッツなど地元野菜を中心に使って栄養バランスにも配慮している。副菜の大根餅もすべて手作りだ。

▲副菜は和洋中いろんなジャンルから登場する。

『漂流食堂』の営業は、火・水曜の11:00~16:00限定(そのほか平日営業の場合はSNSで告知。末廣亭の通常メニューはなし)で、カレーの日に登場するカレーには特徴の違うインド、スリランカ、ネパールなどがあるのだとか。こちらもホールスパイスをオイルで炒めるテンパリングから始める本格派だ。週末は徳島市東新町の『PONT NEUF blanc(ポンヌフブラン)』など月に2~3回イベント出店しているそうなので要チェック。

▲『漂流食堂』の平岡さんとお母さん。
▲『末廣亭』は、『徳島大学医学部』前で戦後すぐに創業。写真に写っている男の子が現在の大将。
寒い時期要チェック! 60年以上大人気、鷹匠町「末廣亭」のトロ~リあったか麺

『末廣亭』は平岡さんの祖父が徳島市蔵本で創業して、徳島市南新町、その後現在の鷹匠町へと移転。そして2024年には創業70周年を迎えるそう。多くの人に愛される町中華にスパイスカレーや台湾料理という魅力がプラスされて、新たな歴史の1ページがスタートしたというわけだ。『末廣亭』と『漂流食堂』、昼夜どちらもお試しを!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3dc6dd684679bdda9f3d73826f8c2121-20210708111112.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d4dd2257f57e89b983f3a39c6c615800-20210708111214.png

Information

漂流食堂(末廣亭)

住所
徳島市鷹匠町1-42
電話番号
080-4338-2595
営業時間
11:00~16:00ラストオーダー(末廣亭は18:00~24:00ラストオーダー)
定休日
火・水曜限定営業、末廣亭は日曜
座席数
12席
駐車場
近隣コインパーキング

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。