徳島の街ネタトピックスを厳選取って出し![旬トピ]6月版

徳島の街ネタトピックスを厳選取って出し![旬トピ]6月版

情報掲載日:

穴カレ presents 「オリジナルウエディング」希望カップル募集中

専門学校『徳島穴吹カレッジ』の[ブライダル・ホテルコース]の2年生が、さまざまな理由で挙式や披露宴を開催できなかったカップルのために手作りウエディングをプレゼント! 学生による企画・演出・運営といっても、しっかりと新郎新婦の要望をヒアリングしたうえ、ゲストに感謝の気持ちを表すことができるような心温まるプランを提案してくれるよ。

参加申し込み期間
2022年8月1日(月)~2022年8月31日(水)

申し込み条件
・県内在住の既婚者で、事情があり挙式や披露宴ができなかったカップル
・新型コロナウイルスの影響で、挙式、披露宴を中止したカップル

応募者の中から面談で1組にオリジナルウエディングを提供する。

提供内容
①ウェディングドレス、タキシードなどの衣装やヘアメイク
②披露宴のドリンク、ウェディングケーキ
③ゲストへのささやかな記念品
④記念アルバム、DVD
⑤会場設営費用(会場装飾や花、テーブルコーディネート)など

※食事については、相談に応じてくれる
※会場の都合により、参列人数は20名程度(新郎・新婦は除く)

挙式・披露宴の開催日程は、2023年1月22日(日)※時間はカップルと相談して決定
開催場所/専門学校徳島穴吹カレッジ

申し込み・問い合わせ

下記の内容を電話かメールで応募
①氏名 ②年齢 ③住所 ④代表者の連絡先 ⑤メールアドレス ⑥応募の理由

電話/0120-18-3155(平日9:00~18:00)
メール/info@anacolle.com

第2回デジタルとくしま大賞(デジとく大賞)の作品募集を開始!

令和4年10月31日(月)まで「第2回デジタルとくしま大賞」の作品を大募集! 今年度は、作品制作の時間が多くとれるよう、昨年度より1カ月早く募集開始。また、今回から新たに3団体が協賛に加わり、「ICT(愛して)とくしま大賞」の時から、過去最大の賞数・賞金額!

「未来感じる徳島~Beyond 2025~」をテーマに、2025年「大阪・関西万博」の開催を見据え、徳島の魅力を国内外に発信できるデジタルコンテンツを募集。徳島の魅力を多くの人に伝えたい、デジタルの力で徳島を盛り上げたいというみなさん! 力作・傑作・情熱あふれる作品を応募しよう。

 

募集作品
●「徳島の魅力」を題材にしたデジタルコンテンツ
・ARやVRなどの仮想空間技術を活用したコンテンツ
・5G、IoT、ビッグデータ、AI、ロボットなどの先端技術を活用した作品
・ゲームシステム、スマートフォンやタブレット向けアプリ、ウェブサイトなどプログラミング技術を駆使した作品
・4K、8K解像度の実写映像
・CG、アニメーションの技術を取り入れたコンテンツ
 など

【応募期間】
令和4年6月1日(水)~令和4年10月31日(月)
※当日消印有効
応募方法は徳島県HPをご確認ください。

無人餃子店舗『餃子香月』を運営する株式会社『ふじや』と『ヌードルツアーズ』が業務提携! 全国の人気ラーメン店の冷凍ラーメンを販売開始!

本格的な味のラーメンが家庭で味わえる!

『ふじや』が展開する無人餃子店舗『餃子香月』の徳島エリア(石井店、北島店)で『ヌードルツアーズ』の冷凍ラーメンを販売中。ヌードルツアーズで人気の『バリ男』(東京)、『つじ田』(東京)など複数の冷凍ラーメンが購入できる。

冷凍薄皮餃子と同様に、冷凍ケースから商品を取り出し、料金箱に料金を入れる非接触スタイル。

6月11日(土)からは、北島と石井以外の餃子香月直営19全店舖(新居浜店、尼崎店以外)でも、人気商品『バリ男』(東京)、『つじ田』(東京)2店のラーメンを販売開始!

ふじや総本店では「父の日」のイベントを開催

ふじや総本店では、「父の日」のお祝いに楽しいイベントを開催。お父さんと子ども(どちらも年齢制限なし)の親子がいるグループが対象。お父さんがスタッフとじゃんけんし、勝てばアルコールまたはソフトドリンクを1杯サービスしてくれるよ!

6月18日(土)~19日(日)、11:30~14:30(ラストオーダー)、17:00~21:00(ラストオーダー)

邪馬台国は徳島!?信じるか信じないかは、この『古代史入門』を読んでから! *抽選で1名にプレゼント

邪馬台国はどこにあったのか?という謎は畿内説とか九州説とかいろんな説がありますが、いまだ所在地は解明さていないようで、日本最大のミステリーと言っても過言ではありません。

そんな中、「邪馬台国は阿波にあった」とする阿波説を唱える人物がこの本『古代史入門 ~邪馬台国から平城遷都まで~ 阿波から始まる古代の軌跡』の筆者である藤井榮さん。
幼少の頃から古代史が好きだった藤井さんは勤めていた県庁を退職後、NPO阿波国古代研究所会員として先達から指導してもらい、今年2月に『古代史塾』を立ち上げ、古代史講座を開講している。
あらゆる文献を読み、気になる場所には自ら足を運ぶ徹底ぶりでこの度、1冊の本にまとめた。

総ページ数292ページ。アマゾンで電子書籍版(2,200円)もしくはペーパーバック版(3,000円・A5版)で購入可能。

藤井さんによると、古事記や日本書紀や万葉集でも阿波を関連付ける文言があったり、それらを裏付ける神社仏閣が各所に点在。それくらい、可能性を感じずにはいられないピースがたくさんあるそうです。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、
徳島県民としては、もし本当に邪馬台国の中心が徳島だったら・・・と妄想するだけでもワクワクしませんか?

日刊あわわ公式LINEおともだち限定プレゼント

抽選で1名に、ペーパーバック版『古代史入門 ~邪馬台国から平城遷都まで~ 阿波から始まる古代の軌跡』をプレゼント!

応募期間/2022年6月30日(木)まで

応募方法

①【日刊あわわ公式LINE】をお友だちに追加

② 古代史 という文字を【日刊あわわ公式LINE】にそのまま送信

※コメント送信後に、「あわわん」からのメッセージが自動送信送られる場合がございます。本企画とは直接関係のあるものではございませんので、あらかじめご了承ください。

※抽選後、あわわ編集部まで取りに来てください。
※当選者の方にはLINEにて当選のご案内を送らせていただきます。届いてから7日以内に返信がない場合は、当選無効となりますので、ご注意ください。

↓日刊あわわ公式LINEお友だち追加はこちら!

四国大学 第1回「瀬戸内寂聴青春エッセイコンクール」

徳島県徳島市出身、『夏の終り』『花に問え』『場所』などの多くの作品を執筆した、故・瀬戸内寂聴氏。2004年から10年間は、『徳島県立文学書道館』の館長を務めるなど、古里・徳島の文化振興にも大きな足跡を残し、出家者としても法話を続け、平和活動に力を尽くした。


四国大学では、そんな故・瀬戸内寂聴氏の文学的功績を後世に伝えるため、四国大学「瀬戸内寂聴青春エッセイコンクール」を創設!

本コンクールは、2021年度の開催をもって終了した、四国大学主催「青春川柳コンクール」の理念を一部引き継いでおり、青春真っ只中の高校生が、自身の体験、意見、想い等を自由に記載する内容となっている。高校生の中から文芸文化を担う新たな才能を発掘するとともに、受賞者のその後のさらなる飛躍を後押しする。


なお、四国大学「瀬戸内寂聴青春エッセイコンクール」の各賞受賞(大賞、優秀賞、奨励賞 計10名程度)は、四国大学分野別入試(芸術・メディア・ダンス分野)の出願要件となっており、本入試を受験し日本文学科に入学すると、毎年40万円の特別奨学金(返還義務はありません)を4年間給付!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。