【2022.3月OPEN】蔵のカフェもり(名西郡石井町)約150年の歴史ある蔵をリノベーション おひとりさまが心地よく過ごせるカフェ

【2022.3月OPEN】蔵のカフェもり(名西郡石井町)約150年の歴史ある蔵をリノベーション おひとりさまが心地よく過ごせるカフェ

情報掲載日:

大通りから離れたのどかな小道を進むと見えてくる立派な蔵。
今から147年前、明治時代の初期に建てられ、明治・大正・昭和・平成・令和と歴史を重ねてきた建物。
昔はお米の貯蔵庫として使われていて、近年は物置になっていたここが、新しい歴史を歩み始めた。

蔵をリノベーションして、居心地のいいカフェに。営むのは店主の盛さん。
退職後の第2の人生を考えていたときに「今までとは全然ちがう仕事にチャレンジしたい」と、昔から憧れがあった喫茶店を計画。10年ほど前から仕事と並行して県内外のカフェや喫茶店をめぐったり、料理の勉強をしたり、インテリアを集めたりと徐々に準備を進めてきた。
1人であちこちのお店をめぐっていたことから「1人でも居心地よくほっとできる雰囲気の場所を作ろう」と考えたそう。

「1人の人は”1人なんですけど”って遠慮しながら来られる方が多いですが、全く気にせずに来てほしい。1人でも座りたい席に座って、気にせずゆっくりしていってもらいたいです」と盛さん。

朝はおすすめのフレンチトーストのモーニング、お昼は1日10食限定の日替わりランチを提供している。

[日替わりランチ](10食限定)(800円、ドリンク付は1,000円)。
この日のメインはオムライス。気分次第でナポリタンやえびピラフ、ハンバーグなどが登場。
具だくさんの味噌汁やメインのプレートにも必ず野菜を添えるなど、野菜をしっかり食べてほしいという思いがある。

[昭和レトロ風デザート](単品400円、ドリンクセット600円)。
昔ながらのしっかりめのプリンとアイスで「昭和時代にデパートの屋上で食べたファミリーレストランのレトロ感」をイメージ。
スイーツはクリームたっぷりのロールケーキもあり。

心地よい時間を過ごせる店内。ステンドグラスが目を引く。

歴史と趣のある蔵。
「将来的にはギャラリーとして作品を展示したり、やりたい方がいれば少人数の演奏会をしてもらって、お客さん同士の交流が生まれる場所になればいいなと思います」。

Information

蔵のカフェもり

住所
名西郡石井町高川原市楽382-1
電話番号
090-9451-3344
営業時間
9:00~15:00
定休日
日・月曜
座席数
9席
駐車場
6台
備考
●支払い/現金のみ

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。