《勝浦町/手打ちうどん みやこ家》みかん農家兼宿・古書店経営・石川夫妻がお互いを労ううどん店 [#徳島24市町村わが町の有名人が選ぶ自慢のうまい店]

《勝浦町/手打ちうどん みやこ家》みかん農家兼宿・古書店経営・石川夫妻がお互いを労ううどん店 [#徳島24市町村わが町の有名人が選ぶ自慢のうまい店]

情報掲載日:

昔から馴染みのおいしい店、最近オープンした近所の注目店など、自分が住む町でお気入りの飲食店を誰しも持っているはず。そんな“わが町自慢の一軒”を、徳島の各地に住む、またはゆかりのある、61人の有名人に紹介してもらいました。食好きたちの舌も心も満たす店を連載でお届けします。

みかん農家兼宿・古書店経営・石川夫妻がお互いを労ううどん店/手打ちうどん みやこ家

どでかいかき揚げが迫力がある[かき揚げぶっかけ]は450円。

野菜天やエビ天が盛り付けられた[天ぷら盛り合わせ]は450円。

しなやかなコシのあるうどんが疲れを癒す
2人で一緒に仕事がしたいという思いを胸に、2016年に徳島に移住してみかん農家となった石川夫妻。宿『あおとくる』の経営をしたりと、穏やかでありながらも忙しい日々をすごす。作業の合間にやってくるのが『みやこ家』で、300円ごとに1ポイントの同店スタンプカードをもう何枚も貯めたという。「疲れた時はお昼にやって来て、『がんばったね~』と言い合いながらうどんをいただきます」と話す石川美緒さん。関東出身の2人はコシのあるうどんを徳島で食べてとても気に入り、友達を連れてくることもあるのだそう。手打ち・手切りで手間と愛情をかけた麺はプルンとしたもっちり食感。いくらでも食べられそうなのど越しの良さに夢中になる。石川さんが「絶対注文する!」と推しの揚げたて天ぷらも絶品。

Sho Ishikawa、Mio Ishikawa
2016年に勝浦町に移住し、農業に従事しみかんを手がける。その後、宿『あおとくる』をオープン。予約制で営業する『古書ブン』もスタートした。
https://aotokuru.com/

 

●手打ちうどん みやこ家
080-4035-3858
勝浦郡勝浦町大字生名字月ノ瀬4-1(道の駅ひなの里かつうら内)
11:00~15:00
休:月曜(祝日の場合は営業、翌日休)、第4火曜
テーブル40席、カウンター8席(いずれも共同)
P共同
禁煙


あなたも自分が住む町で、徳島の【美味しいもの・面白いもの】を見つけたら、ぜひハッシュタグ「#徳島あるでないで」をつけて、SNSでシェア! 美味しいものだけでなく、美しい徳島の景色、魅力的な徳島の写真でOK! 徳島県では2018年末・大晦日までこんなキャンペーンをしているので、併せて参加してみてくださいね。

「#徳島あるでないでSNS投稿キャンペーン」に参加して、徳島の観光に関してあなたが新発見・再発見した魅力ある写真を「#徳島あるでないで」で投稿してみませんか。投稿いただいた方の中から、5名様に、藍染めセットが当たります!詳細は「#徳島あるでないで」SNS公式ページから。

◆Facebook公式アカウント(@tokushimaarudenaide)
https://www.facebook.com/tokushimaarudenaide/
◆Instagram公式アカウント(@tokushima_arudenaide)
https://www.instagram.com/tokushima_arudenaide/


#徳島あるでないで

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。