《鳴門市/まごころ 桜ら家、徳島市/まざぁず食堂》お定食。昼定食。夜定食。

《鳴門市/まごころ 桜ら家、徳島市/まざぁず食堂》お定食。昼定食。夜定食。

情報掲載日:

今日は何が食べたい?

「ホットドッグ食べに行こうよ!」
「コラコラコラ! 日本人ならお茶漬けやろ!」

 

こんにちはございます、もんしーです。

こういうワケで、子どもと一緒に“定食屋さん”に行くことになりました。。。

 

 

 この微妙な空気感が好きです。

 

 

さて、そもそも「定食」とは? という疑問が浮かんだのでウィキってみると、ある団体が定食の定義を熱く語っていました。

定食定義研究会による定食の定義 5条件

1.白飯、味噌汁、おかず2品以上 (主食、汁、主菜、副菜)
2.定食は5種類以上のバリエーションがあること
3.内容のわからない定食名は禁止
4.「お定食」「○○定」は禁止
5.1000円を超えてはならない

 

謎の『定食定義研究会』、謎の「お定食」はさておき、

鳴門駅の近くにある『まごころ 桜ら家』へ!


「昼飯。」ののぼりに惹かれて入ってみました。

 

11:00~14:00まで昼定食メニューをやっていたので、その中から

ご飯、味噌汁、小鉢3品(選べる)がついた[昼セット](500円)をチョイス!

好きなおかずが選べる定食ということで、『定食定義研究会』が定める定食に合致?


絶妙の空きスペースに手書きで書かれた昼だけメニュー!

 

息子が選んだ小鉢はこちら!

うずら卵のフライ、フジッリサラダ、たこさんウィンナー付きナポリタン。


ご飯とお味噌汁はおかわり無料! ご飯多っ! 味噌汁うまかった~♪

 

さらに内観は、映えるレンガ調の壁紙を採用!?!


あっ! たこさんウィンナーがすでに無い!!!

 

ちなみに唐揚げ好きでお馴染みの自分は[鶏唐卵とじ丼](500円)。


お漬け物は自由にいただけます!

 

実にリーズナブルなランチをいただいた後は「鳴門ウチノ海総合公園」に遊びに行きました。

 

 

 

そして夜は、1人で秋田町へ♪♪

 

 

ではなく、長男と秋田町4丁目にある『けんこう庵 まざぁず食堂』へ夜定食!

『まざぁず食堂』のメニューは至ってシンプル!

こちらも好きなおかずが選べるシステムで、

昼は(700円)でご飯、味噌汁、主菜(大鉢)、副菜(小鉢)、サラダ。
夜は(800円)でご飯、味噌汁、主菜(大鉢)、副菜(小鉢)2品。
※主菜を副菜2品にすることも可能だそう

さらに、ご飯、みそ汁、コーヒーのおかわりOK!


上段が主菜(大鉢)で下段が副菜(小鉢)。

 

刺身も副菜としてラインナップ!


ラップはさすがに剥がせないので、この写真でご了承を。

 

サラダ&ポテトは取り放題で副菜扱いなので、ぜひチョイスして欲しい!
ただし食べられる量だけにしよう。


手袋のままポテトをよそう息子。すいません、親のしつけ不足です。

 

んで、息子が選んだのがこちら!

なんやかんやいろいろ入ったフライ盛り(主菜)、取り放題サラダ&ポテト(副菜)、ミニ納豆(副菜)。


店内には電子レンジも用意されているから、温め直して食べることもできるよ。

 

お待ちかね! イカリング好きでお馴染みの自分は副菜4品をチョイス。

なすと牛肉の甘辛炒め、天こ盛りサラダ&ポテト、イカリング他フライ、めちゃウマ刺身。


お刺身がめっちゃ美味しかったです!

 

食後のコーヒーも料金に含まれているので、子どもが食べ終わるまでの間、ホットでほっと一息。。。

 

 

 この微妙な空気感が好きです。

 

 


今宵は月がキレイですね。※室内照明です

 

今回紹介したどちらの店もキッズチェアは無かったものの(もしあったらごめんなさい)、子ども用食器を完備し、ゆったりできる広い席を確保しているので、子ども連れでも安心して食事が楽しめる定食屋さんでした!

Information

まごころ 桜ら家

住所
鳴門市撫養町小桑島前組132

まざぁず食堂

住所
徳島市秋田町4-43

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。