徳島で働く注目企業をピックアップ!【BeCAL_001】有限会社 松尾建材

徳島で働く注目企業をピックアップ!【BeCAL_001】有限会社 松尾建材

情報掲載日:

突然ですが。みなさん、国民の三大義務って、知ってますか?知ってますよね?

 

「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」ですね。教育の時期が終了すれば、勤労のステージへ進むわけです。
働いて対価を得て、消費活動するというのが一般的な社会生活となっています。中には、資本経済主義のループの外でアライブするツワモノもいますけれど・・・・。

まあ、ほとんどの人は、何かしらの仕事に就きます。働かないと自立できないです。

なら。
働く会社を選ぶなら、自分に合う(自分の好きな)職種を選んでもらいたいところです。

そんな、「これからどこで働こう?」の悩みや不安や疑問を少しでも早く解決できるかもしれない、1冊をご紹介。「BeCAL」(ビーカル)といいます。

BeCAL2020-2021WEB版
BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

手前味噌ですが、弊社あわわの別冊で、年1のペースで発行しています。今回のBeCALは、徳島の注目企業を43社ピックアップ掲載。
ということで!BeCAL掲載の企業を1社ずつ、ご紹介していこうと思ってます。
これから、「働く」ステージに向かうみなさんがこの43社の中に意中の会社が見つかることを願って・・・・

 

【BeCAL_001】有限会社 松尾建材

何よりも社員を大切にしながら
ともにナンバーワンを目指す

社会インフラを支える高品質の生コンクリート

環境整備の一環で行っているプラント清掃の様子。定期的にチェックもあり、日々緊張感をもって行っています。

1970年に創業した『松尾建材』は、生コンクリートの製造と販売のプロフェッショナル集団。美馬市を本拠地とする地の利を活かし、日本一の生コン工場を目指し進化を続けています。
同社の生コンクリートは、道路や公共施設など、私たちの暮らしを支える社会インフラになくてはならないもの。大手クライアントからの信頼の厚さは、多くの資格を持つ社員の団結力、メンテナンスが行き届いた工場設備、最先端のIT技術導入など、時代をリードする各要素の融合した結果がもたらしたものだと言えるでしょう。

実際に生コンクリートを活用する企業が『香川県優良建設工事知事賞』を7 年連続で受賞するなど、その高いクオリティーは、2つの県で高い評価を受けています。
徳島県西部では大手県内企業の工場や小学校。香川県東部ではダムの本体や橋梁、道路工事などに同社の生コンクリートが採用されています。
まさに〝縁の下の力持ち〟として、地域に密着した事業を展開しながら躍進を続けているのです。

伸ばし、育てる  会社であるために

配車係のスタッフから指示を受け、ピカピカ のミキサー車で現場へ。

〝我々は、お客さまが良いコンクリート構造物を早く完成させるサービスを提供することにより、地域社会に貢献する〟という経営理念のもと、約半世紀にわたって成長してきた同社。さらに4つの経営方針が掲げられ、健全かつ活力ある職場環境づくりと、社員全員が誇りを持って仕事ができる体制づくりが推進されています。

なかでも、重要視されているポイントは〝価値観の共有〟。社員全員の目線と足並みを揃え、集団としての能力を一段と伸ばしていくことが大きな目的です。
「会社という組織そのものが柔軟に変わっていかなければいけません。時代のスピードに取り残されないためにも、良いと感じたことはすぐに実行しています」と松尾昭社長。組織・個人・コミュニケーションという3つのテーマに基づき、さまざまな取り組みを展開するのも、その目的を達成していくためです。

たとえば、事業年度ごとに社長自らが改訂する経営計画書をはじめ、オフィスの壁に事業の実行計画や日程などを大きく掲示する〝見える化〟などもそのひとつ。業務に関わる情報は、いつでも自分の目で確認できるようになっています。
また、社員全員にiPadを貸与し、各自のスケジュールや担当工事の進捗状況などをリアルタイムで共有。IPカメラやSkypeで本社と現場の遠隔会議を行うほか、作業日報も専用アプリで作成。最先端のIT技術を導入することで、意識の統一と同時に効率化と省力化を図っている点も大きな特徴です。

そして、毎日 16 時から会社と現場で必ず行われる環境整備と呼ばれる清掃と整理整頓は、来訪するお客さまが驚くレベルの高さ。
また、デスクから引き出しをなくし、共有の文房具を置く場所を細かく決めるなど物的環境整備を徹底し、優秀者や優秀チームは表彰しています。整理整頓を当たり前にすることで、業務中のロスタイムを大幅に減らすことができたそうです。

1 年間で約 30 時間といわれる物を探す時間がなくなった結果、それだけデスクワークに集中することができるようになったのです。
「どんな仕事にも避けようがない嫌なことや面倒なことがありますよね。毎日、環境整備を繰り返すことで、それを受け入れる強さやルールを守る大切さが自然と身についていきます」こうした取り組みの一つひとつが、クライアントの期待を超えるサービスにつながっていく。松尾社長はそう考えています。

生コンクリートの品質確認は新人スタッフの 登竜門。もちろんベテランスタッフから丁寧な 指導が受けられます。

 

いい仕事ができるのは  いい社員がいるからこそ

優秀な社員は年齢問わず表彰されるので、モチベーションアップにつながります。

社員の成長は会社の成長である。だからこそ、努力にはしっかり報いたい。作業日報には松尾社長が必ず目を通し、指示や助言を書き込んでいます。
「コミュニケーションを疎かにせず、頑張りを認めていくこと。仕事も生活も充実した豊かな人生を歩んでほしいんです」

個人を対象とする社長賞や優秀社員賞をはじめ、チームを対象とする環境整備表彰や車両・プラント表彰など、多くの表彰・報奨制度が設けられている点もポイント。「今日も仕事を頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。

また、資格の取得に関しても援助を惜しむことはありません。講習や受験の費用は全額会社が負担。3年連続でコンクリート主任技士・コンクリート技士が誕生するなど、社員がスキルアップする度、組織も着実に力をつけていきます。

就職に大切な考え方をわかりやすい形で発信

ほぼすべてのスタッフが参加している早朝勉強会。

2018年8月から I n s t a g r a mアカウント( @ i n s i d e m a t s u o )を開設。会社のイベントや社員の働く姿などを若手社員が撮影し、随時発信しています。特に就職活動中の学生たちに見てほしいのが、不定期に投稿される[松尾社長の格言]というシリーズ。

「自分とはどうあるべきか。そして、働く場所を選ぶとき、大切なものは何か。尊敬する方の後追いですが、できるだけ多くの方へ伝えていきたくて、このシリーズを始めたんです」

第3弾では[嫌いな人と好きなことをやっても続かない。大好きな人となら嫌いなことも続けられる]という言葉を掲載。仕事はイメージから背伸びして選ぶより、一緒に働く仲間で選んでほしいという真剣な思いが込められています。

今、同社の社員には兄弟が一組、親子が二組おり、いずれも勤続年数は 10 年以上と言います。 20 代の若手社員も9名に増え、ますます活気ある会社になってきたと言えるでしょう。

明るい仲間たちと楽しく成長していこう

若手スタッフは自主的に声をかけあって商品知識について勉強。

全力で頑張るのは仕事だけではありません。楽しみも充実させるのが松尾流です。
毎年8月に開催される経営計画発表会の第2部では、若手社員が中心となって余興を発表。2019年は5名が仕事の合間を縫って国民的男性アイドルグループの曲に合わせてダンスにチャレンジ。名物の仮装隊と並んで、会場の爆笑をさらったそうです。

また、毎年恒例となっている社内ボウリング大会や社員旅行は年に一度の大きな楽しみ。
2019年は1泊2日で大阪・京都を巡り、全員で関西の各スポットを満喫したとのこと。その和気あいあいとした様子は、PR動画として、YouTubeにもアップされています。
そのほか、社内のコミュニケーションを強化する取り組みとして、社長が主導する〝飲みニケーション〟が挙げられます。

2カ月に一度のペースで開催される全体飲み会には、社員だけではなく、運送委託者も全員招待。この席では『車両・プラント表彰』が行われることもあり、大いに盛り上がります。
また、ユニークな試みとして定着しているのが年に一度、社員に社長と飲みに行く機会が設けられている点。男性社員は1対1、女性社員はグループで、それぞれ〝飲みニケーション〟を行うことから、落ち着いて普段はできない話や相談ができると好評です。

もちろん、どの飲み会も出席は義務ではなく、事前にお酒を飲むかどうかの確認があるため、無理に飲酒を強要されることも絶対にありません。アルコールが苦手な社員も多いのですが、ほとんど欠席者は出ないそう。それだけ会社のメンバーで過ごす時間が楽しいのでしょう。なかには、この〝飲みニケーション〟に惹かれて入社し、ほぼ皆勤賞の若手社員もいるとか(笑)

社長の松尾昭さん

 

詳しい会社情報やスタッフインタビューなどは
【BeCAL徳島版2020-2021】でチェック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

有限会社 松尾建材 


BeCAL2020-2021WEB版
BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

 

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。