徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[アットハウジング]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[アットハウジング]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

家族全員が満足した木の香りがする平屋。

平屋で暮らすモミの木の家

最初から老後のことまで考えて「平屋を建てたい」と考えていた施主夫妻。最終的に選んだ家づくりのパートナーが『アットハウジング』だった。子育て中で家にいる時間が長い奥さんのため「居心地の良さを何よりも大切に」と施主が望んだT邸の間取りは、動きやすい回遊型キッチンを中心に設計されたもの。家事をしながら対面の子ども部屋まで目が届くようになっている。家族が集うリビングは隣に和室を配置しているため、引き戸を開け放つだけで一つの空間に拡張することが可能。そして、まるで森林浴を思わせる爽やかな空気は、天井と壁に塗られた漆喰とモミの木の床のおかげである。特に同社の家づくりの特徴であるモミの木の床は、自然乾燥させた柾目の無垢材を浮造り加工した逸品。肌触りの良さだけに加えて、温度や湿度のコントロールや消臭などにも高い効果を発揮。可視光線を吸収して眼精疲労を防ぐなど、本物の自然素材ならではのさまざまな恩恵を受けることができる。また、もともと構造的に地震に強い平屋だが、[制震ハイブリッド工法]により、さらに大きな安心感をプラス。家族全員が末永く快適に暮らしていくために必要なものが、このT邸にはすべて詰まっている。

使いやすそうなキッチン側から見たT邸のLDK。リビングへの通路脇には小さなカウンターを設置している。

玄関のドアと周囲の木の色の組み合わせは、担当者と打ち合わせを重ねながら奥さんが熟考した上で決定したもの。

玄関から入ってすぐのところに位置する個室。ウォークインクローゼットの入り口には鏡をセットして使いやすく。

造作食器棚が設置された回遊型キッチンを中心とした家事動線は施主の要望から。
隣の洗面室へもスムーズに移動可能。

廊下のコーナーには施主夫妻こだわりの大谷焼を使った手洗いを設置。
漆喰の壁にシンプルなアイアンのフックが映える。

天井の見せ梁とレールライト、浮造り加工のモミの木の床が美しいT邸のリビング。隣の和室も落ち着いた雰囲気。

緩やかな屋根の傾斜が美しい平屋のT邸。
かなり基礎を高く上げているため、玄関は階段を上がったところにある。

スタッフ紹介

住宅建築
コーディネーター
林 高平 Kouhei Hayash

●プロフィール
1982年生まれ。鳴門市出身。新卒でアットハウジングに入社し、平成27年3月から現職。
営業からメンテナンスまで幅広く対応している。現在は2人の女の子の父親ということもあり、家庭の絆を大切にした温かみのある家づくりを大切にしている。

●プロセス
「モデルハウスの外観が気に入った」という奥様の言葉から弊社をお選びいただきました。
施主様にはモミの木の床も気に入っていただき、土地選びから一緒に進めることに。最初から平屋というご希望がありましたので、回遊型キッチンを中心とした家事動線が生きる設計としています。家族の暮らしを第一に考えた施主様の判断には迷いがなく、スムーズに完成までこぎつけることができました。

●アイデア
南側に隣家が建つ可能性が高かったため、LDKの東側に大開口を設計。
漆喰で仕上げた天井と壁が柔らかな光に包まれます。また、リビングの天井は一段上げて見せ梁にレールライトを設置。テレビの視聴にも照明の映り込みが邪魔になりません。肌触りの良い浮造り加工を施したモミの木の床は、四季を通じて快適なだけではなく、調湿・消臭効果などにも優れており、爽やかな空気をもたらします

施工データ

[家族構成]4人
[敷地面積]247.94㎡(75坪)
[延床面積]101.86㎡(30.81坪)
[ 工法 ]制震ハイブリッド工法
[ 床材 ]モミの木の床
[建築期間]4カ月

施主の声
何よりも「一緒に良い家をつくりましょう!」という仲間意識がとても嬉しかったです。素人では難しい土地選びをはじめ、さまざまな分野で相談に乗っていただきました。

株式会社アットハウジング(とくしま総合住宅展示場内)

徳島市三軒屋町外25-1
TEL/088-669-6388
mail/tokushima@athousing-az.co.jp
営/10:00〜19:00
休/水曜
ホームページ
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。