徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[新井建設]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[新井建設]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

いつの日も変わらず、家族を迎えるために。

快適さと強さを両立した家

新しい家を建てるにあたり、もっとも大切にしたいもの。そこには住み手の数だけ異なるこだわりがある。徳島市の中心部に建つH邸は、施主がマンション生活で感じていたストレスを解消したマイホームだ。火事や地震などの災害に強い重量鉄骨造3階建ての堅牢な構造のもと、モノトーンの外壁に有孔折板を用いたバルコニーの壁がよく映える。1階がピロティ、2階が住居スペース、3階が趣味室となっており、各フロアはスケルトン階段で自由に行き来が可能。土足仕様の1階エントランスには、野球が好きな施主の「ここから外へ出て、ここに帰ってくる場所」という思いから、ホームベースを象ったタイルが埋め込まれている。生活の中心となる住居スペースは、約26畳の広いLDKをコアに個室や水回りなどを配置。天井と床が呼応するようにオーク材を貼った温かみのある空間には、トップライトから柔
らかな光が降り注ぐ。川が近い立地であることから地盤を強化し、1階にピロティや3階に屋上テラスを取り入れた設計は、大地震が引き起こす津波対策にもなっているという。何よりも大切な家族や財産を守る場所だからこそ、快適さと同様に強さも重視した住宅だ。

左側がホワイト、中心がブラック、右側が有孔折半とコンクリートで構成されたH邸の外観。
独特の雰囲気ある佇まいが魅力的だ。

2階のリビングから出入りするバルコニーには青いヴィンテージのタイルを採用。
3階屋上テラスへもここから移動可能。

3階の屋上テラスは友人たちと気兼ねなく楽しむことができるプライベート空間。
万が一の災害時には避難場所としても機能する。

西日対策として平行に設置した高窓や、天井のトップライトからの光がホワイトで統一された壁や
建具に反射して明るい雰囲気のLDK。

施主の要望でホームベース型タイルを埋め込んだ土足仕様の玄関ホール。
「日々得点を重ねていきたい」とのこと。

1階から3階までをつなぐスケルトン仕様の階段。
3階部分の天井には1階の玄関ホールまで照らす象徴的な照明を設置。

ゴールドをアクセントにしたモザイクタイルのカウンターが印象的なキッチン。
背面の収納は引違い戸ですっきり隠すことができる。

スタッフ紹介

一級建築士
新井典子 Noriko Arai

●プロフィール
7歳・3歳・2歳の女の子3人のママ。東京、大阪、徳島で建築士として20年以上のキャリアを持つ。デザイン性の高さはそのままに、キッチンの使い勝手や収納、子どもへの安全の配慮など、ママならではの視点を盛り込んだ家づくりが評判。

●プロセス
制約が厳しい準防火地域に該当し、夏は阿波おどりでも賑わう界隈のため、プライバシー
と防犯に考慮しつつ、家族が安心して生活できる空間構成を希望されていました。川が近いこともあり、地震や津波といった自然災害にも対応し得る重量鉄骨造のピロティ形式と屋上テラスを採用。さまざまなこだわりのある施主のリクエストに応える作業は難しい面もありましたが、どのようにそれを実現していくかを考える新しいチャレンジにもなりました。

●アイデア
2階の住居スペースは家族が集まりやすい約26畳の広いLDKを中心に構成。トップライトを設置し、自然の光と風を感じられる暮らしを実現しています。また、LDKから続くバルコニーには有孔折板で壁を形成。プライバシーの確保とデザイン性の高さの両立を図りました。大きな荷物が通るように特注した玄関ドアや猫が行き来できるペットドアなどを造作したり、全体が心地いい空間となっています。

施工データ

[家族構成]3人
[敷地面積]235.88㎡(71.48 坪)
[延床面積]89.68㎡(57.47 坪)
[ 工法 ]重量鉄骨造
[ 床材 ]オーク材
[建築期間]9カ月

施主の声
こちらからの持ち込み部材などの使用をはじめ、こだわりという
ワガママや難しいリクエストにも「どうすれば実現できるか?」を
ずっと考えてくれました。

有限会社 新井建設

徳島県徳島市飯谷町東沖野47
TEL/088-645-0556
mail/info@arai-kensetu.com
営/8:00〜18:00
休/日曜
ホームページ
Facebook
Ameba

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。