徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[河村総合建築]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[河村総合建築]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

毎日の暮らしを楽しむ美しいデザインの空間。

人を招きたくなる家

黒いガルバリウム鋼板の外壁と赤い玄関ドアが印象的なO邸。イタリアの生活を理想としたワンランク上の自由設計住宅[CASAVIVACE(カーサ ヴィヴァーチェ)]だけあり、美しい佇まいがとても絵になる一軒だ。大理石を用いた玄関ホールから奥さんが選んだイタリア直輸入のドアを開けると、そこは暮らしの中心となる約23畳もの広々としたLDK。断熱効果の高い[デコスドライ工法]やスクラッチ加工を施した無垢の床材などを採用し、四季を通じて快適な空間を実現した。また、隣接する小上がりの和室はダークトーンにまとめてモダンな雰囲気を強調。あえて収納下スペースを空けて小物のディスプレイを可能にした構造は、同社のモデルハウスを参考に取り入れたものだ。「いろいろな人が遊びに来る家にしたい」という施主の希望を叶えつつ、同居するお母さんが落ち着いた時間を過ごせるように“離れ”をイメージした部屋をつくるなど、家族全員が笑顔になる細やかな工夫の積み重ねが高い満足度を生み出している。ベタ基礎や[パネル工法]、耐震+制振ダンパーを組み合わせることにより、建築基準法の約1.25倍もの耐震性能を獲得。美しいデザインと高い住宅性能を併せ持った邸宅だといえるだろう。

いかにも居心地が良さそうなO邸のリビングスペース。
格子戸でさりげなく仕切られた和室が個性的な雰囲気を醸し出す。

高級感を感じさせるイタリアンレッドの玄関ドア。
黒いガルバリウム鋼板の外壁に映える鮮やかなカラーが特徴的だ。

大開口でとても明るい雰囲気のLDK。約23畳の広い空間は家族が集まるだけではなく、友人を招くときにも大活躍。

玄関脇にあるシューズクロークは約3畳。家族全員の靴はもちろん、ゴルフバッグや海釣りの道具なども多数収納。

大理石を贅沢に使った玄関ホール。リビングへと続く扉は高さ2.4m、厚み5.8cmのイタリア製を採用。

小上がりの和室は落ち着いた印象にまとめられている。
吊り収納の下に間接照明を仕込み、床の間のような使い方も。

黒のガルバリウム鋼板と赤いドアが都会的で洗練されたイメージの外観。自由設計ならではの住宅デザインである。

スタッフ紹介

常務取締役
下高直紀 Naoki Shimotaka

●プロフィール
「両親のために家を建てたい」、その夢を自分の手で叶えるために大工の道へ進み、技を磨く。17年前に河村総合建築に入社し、現場監督などで力を発揮。現在では、匠として培った建築知識や技量、デザイン力で、お客様に最適なプランを、予算内に収まるよう豊富に提案している。
●プロセス
築100年を超える古民家からの建て替えに、数社の中から自由に設計できる弊社のオリジナルデザイン住宅[CASA VIVACE(カーサ ヴィヴァーチェ)]を選んでいただきました。「いろいろな人が遊びに来る家にしたい」という大きな方向性は決まっていたため、打ち合わせを繰り返しながら間取りや細かい点を決定。より良いアイデアが出る度にアップデートしながら、スムーズに完成へと至った美しい住まいです。
●アイデア
打ち合わせをする過程で浮かび上がってきたのが「帰りたくなる家」というテーマでした。家族全員が満足できる居心地の良い空間をどのように実現していくか。たとえば、ご主人のお母さまのお部屋を“離れ”に近い形で設計したのは、来客時でも落ち着いた時間が過ごせるようにという配慮から。大きな玄関ドアをはじめ、随所に注文住宅ならではの「痒いところに手が届く」工夫が施されています。

[家族構成]6人
[敷地面積]412.77㎡(124.86 坪)
[延床面積]167.46㎡(50.65 坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]スクラッチ加工無垢フロアー
[建築期間]6カ月

施主の声
「これで大丈夫」とOKを出してからも「念のために」と確認してくれたり、さらに素晴らしいアイデアを出してくれたり…。本当に信頼できる工務店だと感じました。

有限会社 河村総合建築

徳島市大松町上野神61-2
TEL/088-635-3637
mail/kawamura@kawamura-souken.com
営/9:00〜20:00
休/年末年始、夏季休暇
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。