徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[さくらホーム]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[さくらホーム]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

開放感のある空間を子ども目線から考える。

カリフォルニアスタイルの家

綿密な構造計算と施工技術を基盤に、強く美しい住宅を提供してきた同社。今回のモデルハウスは、家族の絆を育て、交流することで生まれるハーモニー(和音)をコンセプトにしたモデル『WAON』のあり方をさらに追求したものだ。スクエアな外観に包まれた開放感のあるカリフォルニアスタイルのデザインの空間は1階・2階に加え、スキップフロアとピットスペースの合わせて4層で構成されており、2階の居室に通じる空間とつながった吹抜けと合わせて、家族の個と和を両立することに成功している。そこには家の中で成長していく子どものことを考え、より豊かな子育てのための様々な仕掛けが施されている。たとえば、見せる収納により、子どもの好奇心をすぐ行動に移せる“知育”。壁に取り付けたボルダリングホールドでの“体育”。片付けやすい収納で、子どもも含めた家族が家事を助け合う“徳育”。そして開放的なアイランドキッチンで日常的に料理する場面に触れられる“食育”。これまで快適性や利便性など、大人を主体にした目線から家を考えてきたことにプラスして、子どもにもしっかりと目を向けた、令和という新しい時代にふさわしいモデルといえるだろう。

家の中央を吹抜けが貫くリビングは、その高低差を利用して
立体的な広さと楽しさをちりばめた。

ボルダリングホールドはヘリンボーンの天然木に配置することで、
使わない時にもオブジェ的な美しさを楽しめる。

アイランドキッチンの延長線上にあるダイニング。
動線がシンプルなので、子どもも配膳や片付けに参加しやすい。

勉強や仕事をしながらでも、リビングの家族と同じ空気感を共有できるスキップフロアは、家族の協調をテーマにした『WAON』には重要なスペース。

気になったらいつでもすぐ手に取って、すぐ片付けられる。
家は単に家族が過ごす場所ではなく、成長していく場所なのだ。

カリフォルニアスタイルのすっきりとした印象をまとった外観。

スタッフ紹介

一級建築士
設計チーフデザイナー
堀部加寿春 Kazuharu Horibe

●プロフィール
東京理科大学理工学部建築学科卒業後、イタリア・ヴェネツィア建築大学建築史学科に留学。現在、同社の代表取締役および設計チーフデザイナーとして、すべての家づくりに関わる。

●プロセス
12年前に誕生した『WAON』を、新しい時代にどう進化させていくか。そう考えた時、新しい時代の主役である子どもたちのために家に何ができるか、というキーワードが浮かび上がりました。子どもたちがのびのびと生活し、生きていく力を学ぶためには、広々とした空間で自由に動き回れるということは大前提です。それを実現するため片付けがしやすく、なおかつ楽しさや家事を家族がシェアできる場所を、開放感とリゾート感を持ったカリフォルニアスタイルのデザインの中に表現しました。

●アイデア
スキップフロアは広く多彩な空間を演出する手段であると同時に、家の中に吹抜けを作る際の構造的な安定感を増す方法でもあります。また、子どもが集中力を発揮するには、“お気に入りの場所”が必要です。リビングがその場所として機能するよう、大人目線ですべて隠してしまう収納ではなく、絵本の表紙を見せながら収納できるなど、リビングのあちこちに子どもの興味を惹きつけることができ、片付けにも自主的に参加できる工夫を取り入れています。

施工データ

[敷地面積]181.77㎡(55坪)
[延床面積]128.85㎡(38.97坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]オーク無垢
[建築期間]5カ月

施主の声
スキップフロアと家の中につくった吹抜けが立体的な広さを演出することで、子どもが成長していくうえで豊かさを育む環境にすることができました。

さくらホーム株式会社

鳴門市大麻町桧字中山田13-52
TEL/0120-390-387
mail/info@happy-sakura.jp
営/10:00〜18:00
休/水・木曜
ホームページ
Facebook
Instagram

さくらホームと「LINE@」をしてみませんか?

ID:@dvu0219d
イベント情報や家づくりに役立つ便利な情報などを
皆さんにお届けします♪
ぜひ“友だち追加”してみてくださいね!

★ご登録方法★
LINEアプリ起動→「友だち追加」
下のQRコードかID検索で友だちに追加してください。

スマホの方はこちらから→ LINE

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。