徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ヤマジホーム]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ヤマジホーム]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

アクティブ家族の、のんびり空間。

家族愛を深める家

階段を上ると、パイン材の優しい空気感が漂う開放的なLDKが出現。階段の上部に設けたピクチャーウィンドウや天井の間接照明が屋内を明るい光で満たし、家族が集う空間に意匠性と開放性をもたらしている。タイル張りの壁が印象的な対面型キッチンは、作業の利便性を考えて通路を広めに確保。炊事用の家電が一直線に並ぶフラットな収納棚を生かしながら、ゆったりとした作業スペースで子どもたちと一緒に料理づくりを楽しんでいるそう。カフェのようにお洒落なキッチンカウンターは、食事はもちろん子どもたちの勉強スペースとしても活躍。キッチン横に設けた広いパントリーにも、収納やユーティリティスペースとしての役割を持たせた。カウンターと食卓のベンチをリビングに並べると、ちょうど良いサイズの座卓に変身するというアイデアも秀逸。目的に応じてリビングのレイアウトを簡単に変えられるように工夫することで、開放感と利便性の両方を実現できることを教えてくれる。また、1階の車庫は、キャンプ用品の収納スペースを通じて屋内と直接つながっているため荷物の出し入れもラクラク。アクティブな暮らしにも対応した住まいが、仲良し家族の絆をさらに深めている。

無垢のパイン材がナチュラルな雰囲気を演出する2階のLDK。「いつも付けっぱなし」という施主お気に入りの間接照明が、開放的な空間をさらに広く、そして美しく見せている。

1階の玄関スペースには、キャンプ道具を置くための収納庫とシューズクロークを個々に設けた。収納庫は車庫に直結しているため、雨の日も濡れることなく出入りが可能。奥のドアは店舗へとつながっている。

店舗側のファサードには、施主が希望した本物のレンガを使用。

子どもたちがダンスの練習場として使えるほどリビングは広々。
天井の梁がデザインのアクセントとなっている。

寝室と2つの子ども部屋をつなぐ2階の廊下。
リビングに出ることなくウォークインクローゼットや水まわりにアクセスすることが可能。

足場の広さを確保した使い勝手の良いキッチン。
階段上のピクチャーウィンドウが空間を光で満たしている。

落ち着いたグレーが印象的な住宅側のファサード。

スタッフ紹介

代表取締役
山路日出男 Hideo Yamaji

●プロフィール
1966年生まれ、勝浦町出身。「見た目の可愛さやかっこよさは、家として基本性能があることが前提」と、施主の意見を取り入れたビジュアルとともに、家そのものの快適性と安全性を高めることにも力を注ぐ。

●プロセス
1階の大部分が作業場となる店舗併用住宅として設計を行いました。道路側が店舗、裏側が自宅という2つのファサードを持ち、外に出ることなく住居と店舗を行き来できるようにしています。施主様が開放的な暮らしを望まれていたので、2階部分を少し張り出した形にすることでリビングの広さを確保しました。キッチンとリビングの間には意匠性も兼ねた3つの柱を設け、耐震性も等級3を確保しています。

●アイデア
LDKの南側に窓を設けることもできましたが、逆に日中は暑くなってしまうことや、いずれ横に住宅が建った時のことを考え、あえて開口部を設けないことにしました。その分、東側に大きなピクチャーウィンドウ、天井には間接照明を設けることで十分な明るさをキープしています。1階には収納力抜群のシューズクロークを設置しているほか、車庫はアウトドア帰りの車でホコリっぽくなった空間を丸洗いできるよう工夫しています。

施工データ

[家族構成]夫婦+子ども3人
[敷地面積]264.51㎡(80.01坪)
[延床面積]194.39㎡(58.8坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]パイン
[建築期間]6カ月

施主の声
ヤマジホームを選んだ理由は、無垢材を使ったお洒落なデザインと、自由度の高い空間設計に魅力を感じたから。安全性に関しても的確なアドバイスをいただき本当に感謝しています。

株式会社 ヤマジホームZEST style

徳島市大松町榎原外84-10
TEL/0120-421-722、088-679-8526
E-mail/yamajihome@zesttoku.com
営/9:00〜18:00
休/水曜、年末年始
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。