徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[島出建築]編 その2

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[島出建築]編 その2

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

街中なのに、こんなに開放的。

中庭が光を運ぶ家

周囲を住宅やマンションに囲まれた市街地で家づくりを行う場合、家族のプライバシーや採光の確保は大きなテーマとなる。同社では建築家とタッグを組み、施主の要望を高いレベルで実現。結果として「こんなに明るい家になるとは思っていなかった」と施主が驚きの声を挙げるほど、明るさと開放感に満ちた住まいを完成させた。東側に設けた中庭の存在が、1階のLDKだけでなくスキップフロアや2階の個室に優しい光を届けている。また、LDKの床、壁、天井には同じ材質のフローリングを使用。アイランドキッチンやダイニングテーブルとの絶妙な統一感が意匠性に磨きを掛けている。

中庭から優しい光が届けられるLDK。
ウォールナット調のフローリングを床、壁、天井に張り巡らせることで、白い壁とのコントラストを一層美しく際立たせている。中庭は、小さな子どもの遊び場としても活躍中。

吹抜けのリビングからキッチンを臨む。
キッチンの後ろの引き戸を開放すると、大容量の収納棚が姿を現す。

リビング階段を上がると、開放感あふれる廊下が出現。中庭からの光が2階全体にも届いているのが分かる。

白とレンガの壁によってシンプルに構成されたファサード。
道路からの視線を完全 に遮断しているため、街中にありながら開放的な暮らしを実現することができる。

スタッフ紹介

工務部
山本貴之Takayuki Yamamoto

施工データ

[家族構成]夫婦+子ども1人
[敷地面積]293.03㎡(88.6坪)
[延床面積]110.97㎡(33.5坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]ウォールナット
[建築期間]7カ月

株式会社 島出建築事務所

徳島市国府町早淵27-6
TEL/088-642-5609
mail/shimadekenchiku@sunny.ocn.ne.jp
営/9:00〜18:00
休/日曜、祝日
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。