徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[nico house]編 その2

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[nico house]編 その2

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

世界でいちばんかわいい場所を。

アトリエのある家

この家の外観を大きく印象づけているのが、玄関のカバードポーチと大きな切妻屋根、そしてその中央にぽっかりと空いたデッキだ。特に屋根の形状は室内にもそのモチーフを活かし、リビング横にあるスキップフロア下のピットスペースの入り口とのぞき窓の形状に取り入れた。子ども部屋はあえて面積を減らし、家族が自然とリビングに集まるように設計。吹抜けをぐるりと取り囲むような2階廊下に施したアイアンのフェンス、部屋ごとに色を変えたドアなど、目に映るあらゆる場所に感じられるこだわりからは、施主の「こんな家が欲しかった!」という声が聞こえてくるよう。

キッチンからダイニングの天井に木目をあしらうことで、他の空間との役割の違いを視覚的に感じさせる。

棚やデスクも家の雰囲気に合わせて造り付けた。特に奥さんが創作に使用するスペースでは、細かいパーツも収納できるラックを壁に埋め込んだ。

鮮やかな色ではなく、少しくすみながらも暗くなく。そんな難しい色の注文が、すべてのドアに反映されている。

真っ白な外壁は、水を弾いて汚れが付きにくく、クラックも生じにくい[STO塗り壁工法]を採用。手間をかけずにこのかわいさが長期間にわたって維持できるためのアイデアだ。

スタッフ紹介

代表
大舘 寛 Hiroshi Ooya

施工データ

[家族構成]夫婦
[敷地面積]262.3㎡(79.48坪)
[延床面積]108.47㎡(32.81坪)
[ 工法 ]木造軸組工法
[ 床材 ]パイン無垢
[建築期間]7カ月

nico house おおや工務店

美馬市脇町字西赤谷167-8
TEL/0883-52-0831
mail/nicohouse008@yahoo.co.jp
営/8:00〜18:00
休/不定休
ホームページ
Facebook
Ameba

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。