徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[MY NO.1 HOME]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[MY NO.1 HOME]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

波と自然のイメージを華麗にミクスチャー。

デッキで母屋とつながる家

頭上の空間を規則正しく横切る何本もの太い梁は、構造上必要な梁の本数以上の数が見せ梁として渡され、生活の中心となるLDKのアクセントでありこの家の象徴に。「サーファーズハウスをイメージした」というだけあり、タイルやモルタルではなくデッキ仕上げにしてアンティークなランプを配したカバードポーチの玄関、吹抜けをはじめとするゆったりとした空間の使い方、ブルーグレーのカラーリングを施したドアなど、肩の力を抜いてリラックスできるようなリゾート感のあるデザインで満たされている。それでいて白壁に反射した光が作り出す淡い陰影が室内の各部でエッジを強調し、すっきりとしたオシャレ感や清潔感も演出。来客を招き入れる廊下とは別に、玄関のシューズクロークを起点に分岐するもうひとつの廊下は水まわりに直結しており、外から帰った家族がそのまま体を洗い流せるなど、アクティブな生活をサポートする生活動線が構築されている。施主の実家の敷地内に建つという意味を最大限に発揮できるよう、リビング横のウッドデッキはそのまま母屋にアクセスできるなど、世代間のスムーズな交流を促す仕組みも取り入れられている点にも注目。

吹抜けは2階の廊下と一体化。施主が最初から決めていたというパインの床も、狙いどおりの雰囲気を作り出した。

玄関を入って手前はリビングに、そして奥へ進めば水まわりへとアクセス。必要最低限の壁を目隠しとして設置し、空間のつながりを優先した。

ドアの色ひとつで空間がこんなにオシャレになるのだから、こだわらない手はない。

鎧張り風のサイディングは、カリフォルニアスタイルの家を目指すならもはや必須事項とも言える。

梁の一部には間接照明が仕込まれており、その存在感をより強くアピールする。奥のデッキごしに見えるのが、親世代が暮らす母屋。

淡いアイボリーに包まれた外観が優しい雰囲気を伝える。通りからの目線が届かないデッキは、子どもにとって秘密基地感覚の最高の遊び場だ。

スタッフ紹介

MY NO.1 HOME
中田真也 Shinya Nakata

●プロフィール
2級ファイナンシャルプランナー。住宅業界に20年以上在籍。普段は営業の立場ながら、打ち合わせの場ではファイナンシャルプランナーとしての知識を含めた様々な選択肢を施主に示し、自分らしい家を完成させるためのナビゲーター的な役割を担う。モットーは「約束を誠実に守り、仕事を楽しむこと」。

●プロセス
「サーファーズハウス」というキーワードが比較的早い段階から挙がっていたので、方向性に迷うことなく進めることができました。中でもこの家の顔とも言うべきカバードポートは、見た目と実用性を併せ持った存在です。タイルなどではなくデッキ仕上げにすることで、より忠実にイメージを具現化できたと思います。

●アイデア
キレイなまま住んでいただけるように、収納は多めに作ってあります。特にシューズクロークは天井までいっぱいに使い高さもあるので、釣り竿なども楽に収納することができます。室内はアンティーク感を出すために一部の窓枠に乾燥後クラック(ひび割れ)の入る塗料を使いましたが、この作業は思い出作りを兼ねてご主人に担当していただきました。

施工データ

[家族構成]夫婦+子ども2人
[敷地面積]915.43㎡(276.91坪)
[延床面積]130.83㎡(39.57坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]1階パイン
[建築期間]5カ月

施主の声
焦らず家づくりを進めようと思ったので打ち合わせで2年ほどかけましたが、最初に出てきたプランでそのまま進めることができたので、時間をかけた甲斐があったと思います!

MY NO.1 HOME(株式会社阿部建設)

徳島市末広2-1-116(ARBOビルⅡB)
TEL/088-624-9500
mail/info@my1home.jp
営/9:00〜17:00 休/水曜・隔週火曜
ホームページ
Facebook
Instagram
LINE

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。