徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[オカダ住建]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[オカダ住建]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

家族の笑顔をつくるのは、
豊かなデザインの奥に広がる安心設計。

大人かわいい超低燃費の家

お客さまを招くための広い和室と読書が好きな家族のための書庫など、施主夫妻のこだわりを形にした藍住町のN邸。約12畳の和室は壁の一角を曲線で構成し、玄関側から見たときに空間のアクセントとしている。基本的な間取りの考え方としては、和室や書庫、LDKがある1階をパブリックゾーン、一人ひとりの個室がある2階をプライベートゾーンと分ける設計。それぞれの空間の性格をはっきりさせることで、暮らしやすい家づくりを行っている。常に室内環境が快適なのは、高気密・高断熱に優れた[スーパーウォール工法]で建てられているため。懸念される地震などの自然災害に対する強さも安心感につながる。

玄関を入ってすぐに目が留まるのは緩 やかなカーブを描く黒い和室の壁。
そのデザイン性の高さは、白を基調とした空間に映えるオブジェのようにも見える。

美し い太陽の光が射し込む心地いいLDK。
天 井に埋め込まれたダウンライトの効果もあり、いっそう広く感じられる。
家族全員の食器が収まる大容量の収納も嬉しい。

客間としてつくられた約12畳の和室。
壁の一部を曲線で構成しているほか、空間を円形に切り取る工夫など、訪れたゲストを驚かせるアイデアが盛り込まれている。

宵闇のなか、照明によって美しく浮かび上がるN邸の外観。
白一色でまとめられた端正なシルエットは、帰宅した家族を優しく迎えてくれる。

スタッフ紹介

代表取締役
岡田和史 Okada Kazushi

施工データ

[家族構成]5人
[敷地面積]452㎡(136坪)
[延床面積]200㎡(60坪)
[工  法]スーパーウォール工法
[床  材]フローリング
[建築期間]6カ月

オカダ住建 有限会社

徳島市国府町和田字表28-6
T E L / 088-642-8463
FA X / 088-642-8465
mail/okada@okada-juken.co.jp
営/8:00~18:00
休/不定休
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。