徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ハウステクノライフ]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ハウステクノライフ]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

家族の笑顔を生み出す半平屋という選択肢。

緩やかな流れを感じる家

家を建てる場所はとても重要である。敷地の広さや形、そこを照らす太陽の動きや風向き、近所の町並みなど、さまざまな条件を考え抜いたのが、香川県の『株式会社MIYAGAWA』とコラボレーションしたモデルハウス“FLOW 流れのある家”だ。2階だけを小さくした半平屋のプランは[木造在来工法]をベースにした[スーパーウォール工法]でつくられたもの。特にLDKは“高気密・高断熱・高耐震”という高性能住宅のメリットを生かし、できるだけ間仕切りをなくして緩やかに空間を分割。また、小上がりの和室やロフト付きの子ども部屋など、それぞれの暮らしを大切にした設計で、ゆとりある毎日を実現する。

キッチン&ダイニングとリビング、カウ ンターによるワークスペースなど、緩やかに空間を分けたLDK。どこにいても家族の気配を感じることができる。

優しい陽射しに満たされるリビングには大きなソファを置いて。背面の間仕切り壁は2階へ上がる階段の目隠しとしても機能している。

キッチンの右奥の壁際には小さなカウンターを設置。ちょっとした読書をはじめ、カフェやバーのような使い方もできる点が嬉しい。

1階の外壁にはベージュ、2階の 外壁にはグリーンを採用した“FLOW 流れのある家”の外観。周囲の町並みにも溶け込む落ち着いたデザインだ。

スタッフ紹介

専務取締役
萬里佳亮 Yoshiaki Manri

施工データ

[家族構成]4人
[延床面積]141.51㎡(43.71坪)
[ 工法 ]スーパーウォール工法
[建築期間]6カ月

株式会社ハウステクノライフ

徳島市川内町平石古田101-2
TEL/088-635-0811
mail/ymanri@mb.pikara.ne.jp
営/9:00~18:00
休/水曜
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。