徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ミニマルデザイン]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ミニマルデザイン]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

ライフスタイルを考慮したこれこそオンリーワン

生活と趣味を充実させた家

施主は子育てや仕事で多忙なため、生活動線を工夫。玄関ホールを最小限にして玄関と土間収納を広くとれるようにし、LDKの建具を両開きにすることで玄関スペースもLDKとともに利用できるようにした。2階吹抜けに隣接した廊下には勉強兼図書コーナーを設け、奥さんがキッチンで作業していても、子どもたちの気配が感じやすくなるようになっている。また、夫婦がサーフィンを共通の趣味にしていることから、コの字型間取りを採用。サーフィンから帰宅したあと、中庭でサーフボードの手入れをして、サンルームにスムーズに収納できる。趣味も充実する納得の住まいだ。

造作の両開き扉は玄関ホールからつながっていて、天井から吊り下げたサーフボードをリビングから観賞できる。

折りたたみの作業台があるサンルーム。
造作の扉は両手が塞がっていても押すだけで簡単に開けられるスイングドア。
ウォークインクローゼット、洗面室、キッチンと続く、使い勝手のいい動線だ。

階段下のデッドスペースを利用したキッチン。
キッチン腰壁は収納できるスペースとコンセントも設置している。

車を乗り降りする場所から玄関まで、雨で濡れることがないように設計されたデザイン性もある外観。

スタッフ紹介

代表取締役
大村 忍 Shinobu Omura

施工データ

[家族構成]4名
[敷地面積]268㎡(81.06坪)
[延床面積]130㎡(39.32坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]アカシア
[建築期間]5ヵ月

株式会社 ミニマルデザイン

吉野川市鴨島町上下島157-2
TEL/0883-22-9696
徳島支店/ 徳島市新町橋2-26-2(新田ビル3階)
mail/design@minimaru.co.jp
営/9:00~18:00
休/日曜
ホームページ
Facebook
Twitter
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。