徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ライフコーディー]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ライフコーディー]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

安心できる家のなかで、好きなだけ走り回ろう。

子育てを第一に考えた家

「子どもたちが楽しく走り回れる広い家がほしかった」と語る奥さん。A邸はそんな願いから生まれたこだわりのマイホームだ。スキップフロアの下につくられたキッズルームと隣接するLDKは約27畳。大きな窓からは明るい陽射しが注ぎ込む。キッチンの一角には駐車場と直結する勝手口から入るL字型のパントリーのほか、小さなワークスペースを完備。玄関横のファミリークローゼットへもすぐに出入りできるなど、生活動線を考慮した間取りは綿密な打ち合わせから生まれたという。高気密・高断熱・高耐震を兼ね備えたスーパーウォール工法で建てられている点も見逃せない。

広々とした心地いいLDKは奥さんのこだわりが詰まった理想の空間。スキップフロアの下にあるキッズルームの壁をそのままテレビボードとするアイディアも秀逸。

スキップフロアの下に位置する隠れ家のような雰囲気を持つキッズルーム。
家事をしながら子どもたちを見守ることができる。

スキップフロアは自由に使えるスペース。
間取りを立体的にすると同時に、高窓を設けることで屋内へ光と風を届ける役割も担っている。

緩やかな傾斜の片流れ屋根が美しいA邸。
玄関部分が独立しているため、それだけ居住空間が広く感じられる。
スリット状の凝ったデザインの表札もオリジナル。

スタッフ紹介

代表取締役
田村耕司 Koji Tamura

施工データ

[家族構成]4人
[敷地面積]682.12㎡(206.34坪)
[延床面積]170.58㎡(51.6坪)
[ 工法 ]木造在来工法[SW工法]
[ 床材 ]フローリング
[建築期間]5カ月

株式会社ライフコーディー

吉野川市鴨島町飯尾550-282
TEL/0883-22-0218
mail/ritu@mb.jctv.ne.jp
営/8:00〜18:00
休/日曜・祝日
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。