徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[サーロジック]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[サーロジック]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

自由設計だからこそ実現した大空間の魅力。

自分の理想を追求し家

1階の大半を占める広いL D Kは何と約31畳。I邸は美大出身の施主が自分の理想を追求したマイホームである。水まわり以外に壁のない大空間は、まさに自由設計ならではのもの。納得できるまで打ち合わせを重ね、イメージを図面に落とし込む作業が、唯一無二のマイホームを完成させた。リビングの吹抜けから吊り下げられた照明の配置は、奥さんのリクエストから施主が設計。夜になれば大きな窓に幻想的な光が浮かぶという。開放的なスケルトン階段の手すりは、異なる素材と形状を組み合わせた特注。I邸は高いレベルの要望に誠実な仕事で応えた素晴らしい注文住宅である。

暮らしの中心となるのは多くの照明が優しく照らす1階のLDK。
大きなソファーやハンモックなどを置いても、まだまだ十分に余裕がある。

仕切り壁のない1階の大空間を支えて いるのは五寸角の太い2本の柱。
スケルトン階段の裏が、そのままバス・トイレなどの水まわりになっている。

施主が配置を考えたリビングの照明は 吹抜けから吊り下げられている。
一つずつ高さを微妙に変えてあり、夜はまるでプラネタリウムのような光景に。

シンプルにオフホワイト一色でまとめられたI邸の外観。
窓の配置や形状は周囲の視線を気にせずに暮らしていけるように考えられている。

スタッフ紹介

常務取締役
石田貴弘 Takahiro Ishida

施工データ

[家族構成]4人
[敷地面積]251.91㎡(76.20坪)
[延床面積]104.33㎡(31.55坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]パイン材無垢
[建築期間]5カ月

サーロジック株式会社

徳島市万代町6-24-2
TEL/088-611-2648
mail/sa-logic@sa-logic.co.jp
営/10:00〜20:00
休/水曜
ホームページ
Ameba

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。