徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ストウ住建]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[ストウ住建]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

365日を変わらず快適に。

床下から暖める家

家というものは、美しいだけでは用をなさない。そこに快適さと安らぎを与えてこそ、自然と笑顔でいられる場所が形作られていく。カリフォルニアスタイルで彩ったこの家に快適さをもたらすのは、床下にある蓄熱床暖房だ。収納を除く1階の床全体に張り巡らされたパイプを不凍液が循環し、そこから生まれる自然な暖かさは家全体を暖めていく。その恩恵を最大限に生かす自然素材のセルロースファイバーによる断熱性能、ビニールを使わない紙ベースのクロス、地熱で乾燥させ無塗装で仕上げた小国杉の床材など、見て・触れて心地よい素材たちが、美しいデザインと融合している。

鮮やかなブルーがこの家のキャラクターを物語る。
キッチンからの見通しがよいようにと、仕切りや廊下をできるだけ省いた。

L字型にとられた子ども部屋は、4人の子ども達が将来それぞれの部屋を必要とした時に仕切って使うことを前提としている。

1階の床下全体に設置した蓄熱床暖房は、部屋ごとに暖める通常の床暖房と違って、家全体の温度差を解消する目的を持つ。

玄関からリビングまでを覆うカバードポーチは、雨の日の子ども達の遊び場所としても使える。

スタッフ紹介

現場監督 一級建築士
須藤 洋右 Yosuke Suto

施工データ

[家族構成]夫婦+子ども4人
[敷地面積]354.99㎡(107.5坪)
[延床面積]132.62㎡(40.11坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]阿蘇産小国杉
[建築期間]6カ月(外構含む)

有限会社ストウ住建

徳島市昭和町8-87-55
TEL/088-654-0848
mail/info@sutou-juken.com
営/8:00〜18:00
休/日曜、祝日
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。