徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[弾とくしま]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[弾とくしま]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

年月を重ねるごとに
増していく素晴らしさ。

自然素材でつくる大満足の家

美しい杉の無垢材に土佐漆喰の壁、大きな吹抜けと薪ストーブ。合板を使わず、心地いい自然素材だけで構成されたH邸は、家づくりに興味のなかった施主が、オープンハウスを体験して「ここで家を建てたい!」と決意。打ち合わせを重ねて実現した夢の住まいだ。LDKの本棚をはじめとした造作家具やアンティークのステンドグラスを埋め込んだ引き戸は、すべてこの家のためにつくられた一点もの。また、子ども部屋のロフトや各所に設けられた収納は、家族の要望で完成間近になってから追加されたそう。今後の経年変化も楽しみなH邸は、大人から子どもまで大満足の住まいである。

立派な杉材の梁が支える広いLDKは家族みんなが大好きな空間。
アイアンのシャンデリアや薪ストーブがよく似合う内装にも多くの職人たちの技が光る。

階段を上がったところにある2階のホール。
各部屋の扉に埋め込まれたアンティークのステンドグラスが目を引く。
ロフトのある個室の両開き窓も個性的だ。

2階へと上がる階段は片側の壁を段差に合わせたデザインに。
圧迫感がなく、大きな荷物の持ち運びにも役立つ。
アイアンの手すりも魅力的。

薪ストーブの煙突と焼き物の瓦、白い壁とのコントラストが美しい。
エントランスに植えられたオリーブの樹が家と一緒に時を刻んでいく。
外構デザイン・施工も自社で。

スタッフ紹介

常務取締役
田中佐恵子 Saeko Tanaka

施工データ

[家族構成]5人
[敷地面積]187.93㎡(56.7坪)
[延床面積]135.39㎡(40.9坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]無垢杉板
[建築期間]8カ月

弾とくしま(田中建設株式会社)

海部郡牟岐町中村大谷66(本社)
営/8:00~17:00(本社)
休/日曜(本社)

徳島市安宅2-1-5(サロン)
営/10:00~17:00
休/火・水曜

TEL/0120-176-858
FAX/088-678-6879
mail/info@t-dan.jp

ホームページ
Facebook

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。