徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[松浦建設・松浦設計]編

徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[松浦建設・松浦設計]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

モダン×トラッド、その答えがここにある。

気候・風土に寄り添う家

全国一律の住宅ではなく、徳島の気候や風土に寄り添った工法と意匠を提案する『松浦建設・松浦設計』。昔ながらの伝統構法を研究し、現代の住まいづくりに生かしていく同社の流儀は、この家にも如実に現れている。外壁こそ劣化が少ないガルバリウム鋼板で、白と黒の2色を使い分けたモダンなデザインだが、土台や柱には桧、梁や桁には木頭杉など、那賀川流域の良質な木材を使用。壁には珪藻土、床にはアカシア無垢材が選ばれている。これらの自然素材の使い方は「いかに快適な住空間を実現するか?」という問いに対する回答である。満足できるマイホームはこうした姿勢によって建てられる。

間接照明を仕込んだ折り上げ天井と南側に配置した大開口が特徴的な約24畳のLDK。
壁掛けにしたテレビの右横にある天井吊りの引き戸は玄関ホールへとつながっている。

ワインレッドが印象的なシステムキッチン。
油汚れが心配な右側の壁は木目調のキッチンパネルでメンテナンスしやすく。
空間としての一体感も損なわない。

玄関ホールの土間からダイレクトにつながる6畳の和室スペース。
木頭杉を使った枡格子の造作建具が美しい。
その上の欄間のような細長い窓は、風を通す役割を担っている。

外壁に白と黒のガルバリウム鋼板を用いたモダンなデザインの平屋。
道路に面している2つの面は、いずれもプライバシーに配慮して窓の位置や数を計算している。

スタッフ紹介

代表取締役
松浦浩二 Koji Matsuura

施工データ

[家族構成]2人
[敷地面積]199.69㎡(60.40坪)
[延床面積]79.49㎡(24.04坪)
[ 工法 ]木造在来工法
[ 床材 ]アカシア無垢材
[建築期間]5カ月

有限会社 松浦建設・松浦設計

阿南市下大野町太平2-7
TEL/0884-22-6307
FAX/0884-23-2057
mail/matsuken@ae.auone-net.jp
営/9:00~19:00
休/日曜
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。