~徳島の家ものがたり~[はなおか]編④

~徳島の家ものがたり~[はなおか]編④

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

板野郡M様邸ご紹介

暮らし絵を豊かに効率的に主婦にうれしいフラットハウス

白と黒、ツートンカラーの平屋造りのM邸。今は家族4人暮らしだが、「いずれ子どもたちが巣立っていったときのことを考えて、広すぎない平屋にしました」と施主のMさん。だが、L D Kにソファーやダイニングテーブルをあえて置かないことで、面積以上に空間を広く使えている。ダイニングテーブルを設置しない分、キッチン前面に食卓としてL 字のカウンターを取り付けた。「キッチンから直接料理を出せて、食べ終わったらすぐに戻せるので主婦としてはとっても楽なんですよ。家事動線も効率的になっていて、しかも平屋なので掃除はルンバ1台でほぼ全部やってくれるんです」共働きで家事に時間が取りづらいMさん夫妻だが、この新居に引っ越してから随分家事が楽になったんだそう。もちろんそれだけではなく、書斎として使えるロフトや大人数でBBQを楽しめるウッドデッキなど、暮らしを豊かにする要素もたくさん盛り込んでいる。

キッチン前のカウンターは子どもたちの勉強机としても。
壁の細長いタイルもこだわりポイントだ。

パソコンスペースとして書斎代わりに使っているロフト。
上からはリビングが見渡せる。

室内干しができるように広く作った洗面脱衣室。

L D Kの勾配天井はレッドシダーの板張り。
これだけで空間が一気にリッチな印象になる。

廊下には、家中を掃除してくれるルンバの待機場所が。

リビングの前には大きなウッドデッキを設置している。

施主コメント

担当/営業二課課長 山口 悠

女性の設計士さんだったのでママ目線で家を考えてくれました!

賃貸住宅に住んでいたときは家事が大変だったんですよ。だから、家事効率は家づくりの重要な要素だったんですが、女性の設計士さんが担当してくれたので、私たちが何も言わなくてもママ目線で間取りなどを考えてくれました。おかげで今は仕事をしながらでも家事がとっても楽で助かっています!

株式会社はなおか


板野郡北島町鯛浜字西ノ須162-9
TEL/088-698-1114
FAX/088-698-8881
mail/info@k-hanaoka.com
営/9:00~18:00 休/年末年始のみ
ホームページ
Facebook
Instagram①
Instagram②
YouTube
LINE

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。