~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編②

~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編②

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

徳島市K様邸ご紹介


スケルトン階段に誰もが目を奪われる

リビングに入った瞬間、吹抜け空間を横切るシンプルな階段に釘付けになる。施主のKさんがもっともこだわったというこのスケルトン階段を中心にK邸の家づくりは進んでいった。「家族が毎日顔を合わせられるようにリビング階段を採用したんですが、それだと階段が目立つ位置にくるので、全体の空間デザインを邪魔しないように極力シンプルな階段にしました」とKさん。その吹抜け上に窓を設置し、北側採光による安定した柔らかい光をリビングに取り込んでいる。スペースの有効活用のため吹抜けはコンパクトになっているが、リビングの天井を少し折り上げることで視覚的に空間を広げた。また、扉やガラス窓などの建具を高さのあるハイタイプのものにして、面積以上の開放感を演出している。インドア派だというKさん夫妻にとって、とても居心地が良いマイホームになったようだ。

兄弟家族全員集合もOK!

Kさんの兄弟家族が全員お家にやってきたら、総勢1 0 名超えの大所帯。それでも余裕で過ごせる広々L D KはK 邸のもっとも自慢できる場所だ。

自由設計の醍醐味!

何でも自由に選べるのが『コウエイハウジング』での自由設計の醍醐味。K邸ではこれまで『コウエイハウジング』でも扱ったことのなかったメーカーの階段を採用した。

こだわりのアイランドキッチン

広いLDKを活かしたアイランドキッチン。コンロ前の油よけは普通の壁ではなくガラスを採用している。これにより料理中でもリビングの家族を見渡すことができる。

和室を開放すればさらに広々!

客間や子どものお昼寝場所としても活用できる和室。フルオープンにできる扉を開けばリビングと一体となり、自慢のLDKはさらに広々と開放的に。

2階に多目的ホール

階段を上った先は多目的に作られたホール。「ここに本棚を置いて、お家の図書館のようにしたい」とKさん。その横にあるインナーバルコニーは読書場所として。

ゆったりとした洗面脱衣室、バスルーム

ホワイトとブラックのコントラストが美しい、家族の癒やし空間。バスルームには物干し竿を2本設置し、雨の日でも家族の洗濯物を干せるように配慮した。

株式会社コウエイハウジング

徳島県徳島市沖浜東2丁目2  ラスターツウィンビル1F
TEL/088-602-4811
FAX/088-602-4822
mail/koeihousing@koeihousing.co.jp
営/毎週水曜、第1・3・5火曜日(展示場は火曜営業)
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。