~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編③

~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編③

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

徳島市N様邸ご紹介


集う、遊ぶ、くつろげる。3リビングで暮らしを豊かに

コンセプトは“木を使わない家”。「無機質でクールなイメージが好き」だという施主のNさんのこだわりで、N邸は白と黒とグレーの3色しか使わないシンプルなデザインになった。だが、見た目以上に家の性能を重視したというNさん。そこに『コウエイハウジング』を選んだ理由があった。「大手ハウスメーカーなども見に行きましたが、ほとんどの会社はオプションでいろいろ付けないと私たちが望むだけの性能にならなくて。だけど『コウエイハウジング』さんは標準仕様で十分に高性能だったんですよ」。断熱性や気密性なども高いレベルで備えたN邸には、3つのリビングがある。1つは家族全員が集まるLDK。2つ目は気分転換に使えるインナーバルコニー。3つ目は寝室から繋がる夫婦二人だけのシアタールームを兼ねた空間だ。さまざまなシーンで使い分けができる3つのリビングは、家族の暮らしを格段に豊かにしてくれるだろう。

セカンドリビングのインナーバルコニー

家族団らんの場所として作ったインナーバルコニー。普段使いのメインリビングに対して、休日に外でランチをするなど気分転換の場所として活用している。

夫婦用のサードリビング

カーペット敷きの寝室の奥にあるのが3つ目のリビング。ここは、子どもたちが寝た後に使う夫婦二人だけの場所。映画鑑賞ができるようシアタールームに改造予定だ。

広々アイランドキッチン

「子どもたちと一緒に料理がしたい」と贅沢に広く設けたアイランドキッチン。ここも家族がコミュニケーションできる団らんの場所だ。

真っ白なリビング階段

空間を広く見せるために、リビング階段も白に。真っ白な階段は歩くだけで絵になるN邸イチの“映えスポット”だ。

フロアタイルのメインリビング

メインとなる1階のリビングはフロアタイル敷き。家族全員が集まっても十分な広さだが、さらに視覚的な広がりを持たせるためテレビボード背面のエコカラット以外は白壁で統一している。

黒とグレーのタイル張り

外観にも木目は使わず、黒とグレーの2色。色調がシンプルな分、タイルの種類を分けて変化を付けた。2階の中央部分はセカンドリビングでもあるインナーバルコニーだ。

株式会社コウエイハウジング


徳島県徳島市沖浜東2丁目2  ラスターツウィンビル1F
TEL/088-602-4811
FAX/088-602-4822
mail/koeihousing@koeihousing.co.jp
営/毎週水曜、第1・3・5火曜日(展示場は火曜営業)
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。