~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編④

~徳島の家ものがたり~[コウエイハウジング]編④

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

徳島市K様邸ご紹介


暮らしを高めるのは限界まで極めた住宅性能

徳島市の住宅密集地に建つK邸。以前は鉄筋コンクリート造の家に住んでいたという施主のKさんは、「前の家は、冬は寒いし夏はすごく暑くて。だから新しい家は性能の高い木造にしていつでも快適に暮らせるようにしたかったんです」と、断熱性や気密性などの住宅性能に並々ならぬこだわりを持っていた。そこで選んだのが、家の性能面において定評のある『コウエイハウジング』だ。「木造の家だと耐震性能がちょっと心配だったのですが、担当してくれた三好さんのお話を聞いてまったく不安はなくなりました。肝心の住宅性能についても大手ハウスメーカー以上に緻密(ちみつ)なことをしていて、しかもコストパフォーマンスも良かった」とKさん。完成したK邸は、壁や窓などの断熱性能を最高のものにすることはもちろん、玄関ホールにあるポストを二重扉にして外気をシャットアウトするなど、細かな部分にまで性能を高める工夫をこらしている。

迫力のホームシアター!

あたたかな雰囲気のリビングに、特注のテレビボードと、快適な挽き板の床材のテイストがマッチ。120インチの巨大スクリーンと4Kプロジェクター、サラウンドスピーカーを備えているから、好きな作品を上映すればくつろぎのリビングが迫力の映画館に早変わりだ。

使い勝手のいいキッチン

高級感のあるシックなキッチン。奥さんこだわりの[ミーレ]の食洗機を取り入れていて、床材には水がこぼれてもシミになりにくいものを採用。スムーズな家事のヒントがもりだくさんとなっている。

あえて、襖を取り外しやすく

K邸は和室が二間続き。多くの人が集まる法事のときなどには、和室間を隔てる襖を取り除き、広いスペースとして使用することができる。

階段わきまで有効活

階段の横は収納力抜群の、造り付けの本棚を設けた。リビングの近くにあるので、読書を楽しむ環境としても最適。

シューズクロークに足洗い場を

玄関横のシューズクロークには足洗い場を設置。将来ペットを飼ったときのためのものだが、子どもが外で遊んで帰ってきた際に泥を落とす場所としても便利に使える。お湯が出るので、冬にも活躍する予定だ。

部屋のドアにはミッキーマウスを描いている。

株式会社コウエイハウジング


徳島県徳島市沖浜東2丁目2  ラスターツウィンビル1F
TEL/088-602-4811
FAX/088-602-4822
mail/koeihousing@koeihousing.co.jp
営/毎週水曜、第1・3・5火曜日(展示場は火曜営業)
ホームページ
Facebook
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。