《まとめ第4弾》あのラーメン店持ち帰りはじめたってよ!【調理いらずのラーメン編 】

《まとめ第4弾》あのラーメン店持ち帰りはじめたってよ!【調理いらずのラーメン編 】

情報掲載日:

時々、無性に食べたくなりますよね、ラーメン。
でも最近はお店で食べるのを自粛している人も多いのでは?

そこで、
最近、テイクアウトを始めた
飲食店が増えてきたけどラーメン店は?

と思って調べてみると…。

あるある!
持ち帰りをスタートさせた店や、
常連さんのみ対象だった持ち帰りを本格的に始めた店が。

【お家でカンタン調理編1~3】に続くまとめ第4弾は、
受け取り3秒後にいただきます!【調理いらずのラーメン編】!!
「できるだけ待たずに食べたい!」という忙しい人にもぴったりな
調理いらずのラーメンが集結!

★家で店の味を完全再現!
【お家でカンタン調理編】その1
はコチラ!
【お家でカンタン調理編】その2はコチラ!
【お家でカンタン調理編】その3はコチラ!

ラーメン以外のテイクアウト情報はコチラから
#テイクアウトしようそうしよう 徳島飲食店応援キャンペーン
県内主要メディアが協力してこちらのキャンペーンも行っています!

 

テイクアウトじゃないラーメン・中華そばはこちらも!
ラーメン好きに贈る、徳島のラーメン総まとめ記事
『《まとめ》情報随時更新!進化し続ける「20世紀最後のご当地ラーメン」は、21世紀も大人気♪ 徳島のラーメン・中華そば全店制覇2020』

 

これは見出しです。

ら~めん・阿波ぎょうざ 海風(うみかぜ)


▲さらっとした口当たりながら、コクのある味わいの[ 味噌ら~めん]。760円(税抜)

“店の味”で家族にエール!
近隣に住む家族連れの常連客のためにテイクアウトを開始。家事疲れ・世話疲れを考慮して用意した調理済みラーメンは、早速パパ・ママにヒットし、土・日曜を中心に注文が増え始めている。「店の味を」という店主のこだわりから、自宅までの距離から麺の茹で具合やスープの熱さを逆算。持ち帰ったころに“『海風』の味”が完成するように調理している。1番人気は[味噌ら~めん]で、サイドメニューの[阿波ぎょうざ]も持ち帰りOK。ラーメンとセットなら50円引き。

●テイクアウト一例
・味噌ら~めん 760円
・ネギ味噌ら~めん 810円
※各税抜
●店舗での注文のみ受付
●受け渡し時間 営業時間内


《データ》
tel.088-664-0086
徳島市北沖洲3-6-58
営/11:00~20:00
休/火曜
席/18席
P /店舗前1台、共同28台(店舗北側8台、ミニストップ駐車場20台)
ホームページ

これは見出しです。

ラーメン屋 3の3


▲うま味のある豚骨ベースのスープと炙りチャーシューがのった[みそラーメン]。670円

持ち帰りだから実現するうま味
一番おいしい状態で食べてもらいたいと、持ち帰り用の注文が複数あっても鍋を1つずつ用意して調理。[みそラーメン]のもやしやコーンなどをオーダーごとに茹でるというこだわりようだ。時間が経つにつれて麺にはスープが染み込んでいくが、スープにも麺の風味が溶け込み、より味わい深いラーメンへと変化していく。ちなみに「お子さんがいる方は、予約時にお伝えいただけるとお菓子をプレゼントしますよ」とのこと。

●テイクアウト一例
・みそラーメン 670円
・黒ラーメン 850円
●事前電話予約
●受け渡し時間 営業時間内 ※注文は昼は14:30、夜は20:30まで


《データ》
tel.088-668-3809
徳島市八万町弐丈53-1
営/11:00~15:00、18:00~21:00※売切次第終了
休/水曜
席/33席
P /7台

これは見出しです。

徳島ラーメン 麺王 川内店


▲豚バラ、チャーシュー、味玉など豪華なトッピングが目白押しの[ 麺王スペシャル]。980円

スペシャルなこいつも熱々で
麺を覆うように、肉や味玉、ネギなど全8種類の具材がぎゅっと詰まった[麺王スペシャル]。焼きのりはラップに包んでくれているため、最後の仕上げにトッピングすべし。これでパリパリ食感を損なうことはない。券売機で商品を購入し、少し待つと店の入口までスタッフが持ってきてくれる。麺が伸びるのを防ぐために麺も少々固めに茹でているので、固めが好みの人は受け取ったらすぐに、柔らかめが好きな人は少し待って食べると良し。

●テイクアウト一例
・麺王スペシャル 980円
・徳島ラーメン 550円
●事前電話予約
●受け渡し時間 営業時間内


《データ》
tel.088-678-3520
徳島市川内町平石夷野240-1
営/11:00~24:00(23:45LO)
休/無休
席/40席
P /16台
ホームページ

これは見出しです。

らーめん将軍


▲ピリッと香り高い粒こしょうが味を引き締める[ 徳島ブラックラーメン]。650円(税抜)

マイ鍋を持参してラーメンを持ち帰ろう
「子どものころ、ラーメン店に自宅から鍋を持って行けばできたてのラーメンを入れてくれた」と店主・岡部さん。その思い出から“鍋ラー”を始めた。麺は伸びないようにと固め、スープは麺が汁を吸うからと多めに入れてくれる。ファミリー層からの支持率が高く、大きな鍋を持ってくる人もいるそうだ。中でも赤ワインで煮込んで炙った焼豚と、タピオカ粉が入ったモチモチ麺が特徴の[徳島ブラックラーメン]を鍋で堪能できるのはうれしい。

●テイクアウト一例
・徳島ブラックラーメン 650円
・将軍ラーメン 650円
※各税抜
●事前電話予約
●受け渡し時間 営業時間内※売切次第終了※鍋持参必須


《データ》
tel.088-692-7155
板野郡藍住町笠木中野167-1
営/11:00~22:00※売切次第終了
休/木曜
席/30席
P /8台

※この記事は、2020年Geen6月号で掲載した内容です。

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。