【5月OPEN】boulangerie copan(ブーランジェリーコパン/徳島市西船場町)天然培養酵母で発酵させた小麦が香るパン屋さん

【5月OPEN】boulangerie copan(ブーランジェリーコパン/徳島市西船場町)天然培養酵母で発酵させた小麦が香るパン屋さん

情報掲載日:
徳島県内の“今”を感じるニュー&リニューアルオープンの新店や
出来事&人系の街ネタトピックスを紹介する『みっけ』

取材したてホヤホヤの最新情報をお届けします。
毎月25日発行のあわわfreeとあわせてチェック!

徳島にまたひとつ、かわいいパン屋さんができました。

オーナーがこの場所を選んだ決め手となった
ブルーのシェードとレンガの階段。
素敵なパン屋さんに入るときの
ワクワクする気持ちが一層かきたてられます。

店の外にも漂う小麦の香りが、
店内に入るとより、小麦に包まれる感じに。

パンはショーケースに陳列。


オーナー兼パン職人の北島さん(右)。
販売は北島さんのお母さんが担当。

コパンでは「あこ天然熟成酵母」という
天然酵母を使ってパンを焼いていて、
北島さんはあこ天然熟成酵母の会社で
酵母の特徴なども学びながら、パン職人として修業。

12~14時間かけてゆっくりじっくり発酵させて
素材の持つうまみを引き出していくから、
小麦や塩、砂糖など素材にもとことんこだわって
おいしいパンを焼きあげている。



にくきゅうパン(100円・税抜)。
子どもたちから大人気。



コパンのほっぺ(300円・税抜)のカスタード&クリーム。
あんこ&クリームバージョンもあり。


取材日は「全粒粉&ベーグルの日」。


このショーケースの右側が日替わり商品のスペース。
「ブラックフランス生地の日」や
「ライ麦シリーズとベーグルの日」など
いろいろな日替わり商品が登場する。


全粒粉生地のナッツベーグル(230円・税抜)。
3種類のナッツ入り。


一番のおすすめがこの食パン。
焼きあがったあとも酵母の力で発酵が続き
うまみが徐々に形成されていって
次の日がより食べごろになるのだそう。

目指すのは「ご飯のようなパン」。
何と合わせてもマッチして、
毎日食べても飽きなくて
自然と口にしたくなる。
そんな素朴で親しみやすい、やさしい味わい。

商品はほかにもいろいろ。

小さな食パン、ちび山シリーズ


メロンパン


あんぱん、クリームパンも。

ひとつひとつ丁寧に作り出された
おいしいパンと出会える予感がしませんか。

生地を長時間発酵させるため、
焼き足しなどはできないから
売り切れたらおしまい。

オープン時にほとんどのパンが並んでいるので
いろいろ買いたいときは朝いちばんに行くといいですよ。

\ここから他の新店情報を見られます!/

\新店&街ネタ情報をお持ちの方はこちらから!/

Information

boulangerie copan(ブーランジェリー・コパン)

住所
徳島市西船場5-5-1
電話番号
080-6395-1444
営業時間
10:00~19:00(売切次第終了)
定休日
木・金曜
駐車場
1台
ホームページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/copan

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。