~徳島の家ものがたり~[姫野組住宅センター]編②

~徳島の家ものがたり~[姫野組住宅センター]編②

情報掲載日:

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

時間をかけて導き出した家族にとっての最適解

CASE 02 : 美馬市T様邸
流行のガルバリウムを使った硬質なイメージの外観とは対照的に、無垢のパイン材のフロアがソフトな印象を与える室内。白と木目だけに色数を絞ることで、よりすっきりとした空間に作り上げることを目指した。1階の間取りはLDKと水まわりのみに割り切って構成しているため、玄関を含めたそれぞれの空間がゆとりある広さで構成されているとともに、生活動線も極めてシンプル。やや長方形の土地形状に合わせて家の東西を貫くように長くとったLDKは、「キッチンカウンターから家の中が見渡せるようにしたい」という当初からの希望にも沿ったスタイルだ。子どもの成長や消費税率の変更のタイミングに合わせて計画的に家づくりを始め、最初に参加した見学会からおよそ2年間かけてじっくりと進めていっただけに、どこにも無理や妥協のない家ができあがった。

無垢の床が心地よく、普段からみんなが裸足で生活している。同じ木材を使って施主が手作りしたテーブルやテレビ台も部屋の雰囲気にマッチ。

玄関脇にあるランドセルラックも施主の手作り。用途とサイズを考え抜いた力作だ。

キッチンの横には、家族が連絡を取り合ったり思い出の写真を貼り付けることのできるマグネットボードを設置。こういった配慮に、家族の生活をリアルに考えた家かどうかが表れる。

今は一続きの大空間とした子ども部屋も、成長に合わせて将来的には壁を作って独立した2部屋に。

外観はガルバリウム特有のクールなイメージが出過ぎないように、ドアやテラスにあしらった木目で全体の印象をやわらげた。

owner’s voice


見学会で見た家がきれいだったことが忘れられず、夫婦ともに意見が一致して『姫野組』さんに決めました。普段から片付けがしやすいようにと収納をたくさん作ってくれて、とても暮らしやすい家になりました。

staff’s voice

シンプルな外観ながらも最高の日当たりと風の通しの良い環境を取り入れています。施主様と見学会で初めて会った時に一緒にイメージした、家族が“楽しく、明るく、暮らす住まい”が実現しました。

株式会社 姫野組住宅センター

〒770-0053 徳島県徳島市南島田町2-72-2
TEL / 0120-939-043

営業時間:9:00~18:00
休日:水曜日

ホームページ
Instagram

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。