~徳島のリフォーム・リノベーション~[セイコーハウジング]編

~徳島のリフォーム・リノベーション~[セイコーハウジング]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる(リフォーム・リノベーション)。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

思い出と力強さが
再生した趣きのある我が家

日本家屋の良さを存分に感じられる、風情ある佇まい。ここは施主が生まれてから独立するまで過ごした、思い出いっぱいの家だ。リノベーションのきっかけは、この家を守り続けたお母さんが亡くなり、一人娘の施主が戻ってきたこと。昔ながらの住宅ならではの“味”が家全体を包んでいたが、築70年を越え、耐震・断熱の面で不安を抱えていたという。そこで梁など、従来の建物のよさを残しつつ、機能面にも優れた住まいへと再生。「玄関周りの杉の木の下見板や格子は本当に立派でした。しっかりと建てられた日本家屋をリノベーションするのは、やりがいがありました」とは同社担当スタッフ。思い出いっぱいの我が家は、安全性と快適性をプラスして、母から娘へとがっちりとバトンが託された。

格子の玄関からは緑の庭園が見える。

リノベーションで、リビングの天井は梁を大胆に見せることに。
存在感のある黒い梁が、空間を引き締めるアクセントになっている。

リノベーション後の外観は、レトロモダンな雰囲気が魅力的。
下見板張が印象的な昔ながらの日本家屋の風情と、シックなカラーリングが調和して見事だ。

リノベーション途中のリビングの様子。
もとの建物の良さを残しつつ、耐震・断熱対策をしっかり行うことで生活しやすくしている。

懐かしく、新しい。
“これぞ日本家屋”と誇らしさをも感じさせてくれる。

リフォーム内容

・リビングの天井は梁をあらわし
・耐震・断熱対策
・水まわりの設備はリニューアル
・既設の間仕切りを撤去し、間取りを再構築

施工データ
[築年数]70年以上
[工 法]木造在来工法
[延床面積]82.43㎡(24.9坪)
[リフォーム面積]82.43㎡(24.9坪)
[工 期]3カ月
[新しくした設備]キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面台

スタッフ紹介

代表取締役
元木康浩 Yasuhiro Motoki

株式会社セイコーハウジング

〒770-0006 徳島県徳島市北矢三3-1-79
TEL/ 088-631-8236
FAX/ 088-631-8698
mail/info@seikohousing.co.jp
営業時間:9:00~18:00
休日:水曜日・日曜日・祝日休み

ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。