~徳島のリフォーム・リノベーション~[山田工務店]編

~徳島のリフォーム・リノベーション~[山田工務店]編

情報掲載日:

徳島で家を建てる(リフォーム・リノベーション)。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

新築より安く高性能住宅リノベの可能性を知る
モデルハウスがOPEN

身体に優しい自然素材を使い、性能にもこだわったモデルハウスがオープン。2階のリビングの天井はあえて梁現しにし、開放的かつリノベーションならではの“ 見せるデザイン”とした。梁の古さをカバーするために柿渋で塗装。床には無垢のナラ材を使用し、古色と温もりある木の風合いで心落ち着く空間となったのだ。決して大きくない住まいだが、キッチンを造作したり高さを有効活用したり、配色にこだわりなど広く過ごせる工夫がある。また1階には万が一に備えた耐震シェルターを設置し、断熱や備蓄にも配慮。災害時もここである程度生活できるようになっている。土地の費用や低税金など、新築よりコストを抑えて同等以上のものを手に入れる魅力を体感して。

高性能住宅のモデルハウス(徳島市丈六町長尾65-1)。
見学は電話にて事前に連絡を。

漆喰壁と土壁、どちらもリビングによく合う。
天井の梁には、柿渋で塗装を施し、木の温もり感じる自然な仕上がりに。

木の風合いを大切にし、収納や扉も丁寧に造り付けた。
細かな職人技には脱帽だ。

耐震シェルターのある部屋。窓の内側には木の扉を造り付け、ここで短期間住まうときのために外へのドアも設けている。

リフォーム内容

・自然素材を使った身体に優しい家に
・性能を格段アップ
・災害に備えるレジリエンスシェルターを完備
・面積以上に広く見せる工夫

施工データ
[築 年 数]40年
[工 法]木造在来工法
[延床面積]83.12㎡(25.14坪)
[リフォーム面積]83.12㎡(25.14坪)
[工   期]4カ月
[リフォーム費用]約1,660万円
[新しくした設備]キッチン、トイレ、浴室、洗面、耐震シェルターなど

スタッフ紹介

代表取締役社長
一級建築士
山田文夫 Fumio Yamada

株式会社 山田工務店

小松島市江田町字敷地前79-1
TEL/0120-411829
mail/info@shikinoie.co.jp
営/8:00~17:00
休/無休

ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

Information

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。