【10月OPEN】一竿風月(いっかんふうげつ/勝浦町)勝浦町の古民家で味わう、自然豊かな風景とおそば

【10月OPEN】一竿風月(いっかんふうげつ/勝浦町)勝浦町の古民家で味わう、自然豊かな風景とおそば

情報掲載日:
徳島県内の“今”を感じるニュー&リニューアルオープンの新店や
出来事&人系の街ネタトピックスを紹介する『みっけ』

取材したてホヤホヤの最新情報をお届けします。
毎月25日発行のあわわfreeとあわせてチェック!

10月18日(日)に、勝浦町に日本そばのお店がオープンします!

築100年近くになる重厚な門構えの古民家。
取材時はまだ看板のない状態でしたが、ここに毛筆書きの看板がかかる予定。


店主の佐竹さん。
「蕎麦の神様」と呼ばれるそば職人・高橋邦弘さんのドキュメンタリーを偶然テレビで見かけ、当時広島県にあった高橋さんの店でそばを口にしたことをきっかけに、それまでおよそ30年務めた仕事を辞めて、高橋さんの弟子が営むそば屋で一からそばづくりを学んだ。
そして松茂町から勝浦町に住まいも移して、この場所で新しい一歩を踏み出すことに!
「勝浦町は桜、あじさい、お雛様と季節によってさまざまな表情を見せてくれる。自然の景色とともに、ドライブがてらそばを楽しんでもらいたい」。


一人で切り盛りするため、メニューは3つ。
ざるそば、かけそば(各850円)とそばにおいなりさんやバラ寿司などのごはんものがついたセットメニュー(1,200円)。
そのときおすすめの産地(店内に提示される予定)から仕入れたそばの実を自家製粉した二八そばで、『花菱商店』(徳島市吉野本町)のかつお節と『吉本商店』(小松島市中郷町)のしょう油を合わせた関西風の特製つけ汁でいただく。


華やかな琉球畳にリノベーションされた店内。
フローリングも用意されている。

庭には華憐なそばの花が。春と秋に見られるそう。

今後はにしんそばや鴨南蛮、勝浦町で採れる山菜を使った天ぷらなど徐々にメニュー数を増やいていくとのこと。
野菜を畑で育てたり、四季を感じる庭を作ったり、とまだまだ計画中。

しっかり作られた古民家の趣が時間の流れをゆるやかに感じさせてくれるよ。

所々に残る古道具もいい味わい。

ものごっつい金庫もありました。

\ここから他の新店情報を見られます!/

\新店&街ネタ情報をお持ちの方はこちらから!/

Information

江戸蕎麦 一竿風月(いっかんふうげつ)

住所
勝浦郡勝浦町大字三溪字西谷113-1
電話番号
080-3926-0717
営業時間
10:30~14:00
定休日
水・木曜
座席数
26席
駐車場
約8台
ホームページ
https://www.instagram.com/ikanfugetu/?hl=ja

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。